人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
2007年 11月 12日 ( 1 )
*
*
2007年 11月 12日 *
なんだか、NHKスペイン語会話の料理を試みるのがシリーズ化してきました。
今回はソーバスの煮込みの変化球。
ソーバス(いわし)が手に入らなかったのでサンマで代用しています。

作り方は…。いわし1kgは頭を落として内臓を取っておく。野菜はすべて厚さ1cmの輪切り。キャセロールに玉葱1個、じゃがいも大3個、月桂樹の葉2枚、にんにく2片、トマト2個、青ピーマン2個、赤ピーマン1個の順に平らに入れていき、その上にいわしをのせる。しっかりめに塩を振り、粉末パプリカをたっぷりかける。サフラン少々、パセリのみじん切り1本分を加える。水、白ワイン(ドライ)、オリブ油、各150ccを入れて20分煮る。

f0013029_6592641.jpg鍋はステンレスの両手鍋を使っています。
赤ピーマンも買えなかったのでパプリカで代用しました。
油が多くてスープはそのまま食べられません。
表面に油の層ができているので湯気は立ちませんが、汁に浸っている部分はずっと熱いままです。
サンマは2匹のせました。全体に淡白な味わいです。いわしの方がもっとうまみが出るのかも。
汁物に小骨の多い魚が入っていると食べにくいですね。圧力鍋で骨まで食べられるようにしたらどうだろう。
骨がやわらかくなるまで加圧したら野菜がぐずぐずになってしまうだろうから、魚を充分加圧してから野菜を加えて少し加圧、ですね。それだと野菜にあまりうまみが移らないかなあ。

ちょっと別の料理になってしまいますが、夏が来ていわしが出回るようになったら、油少なめ&加圧で試してみます。