人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
2008年 04月 20日 ( 1 )
*
*
2008年 04月 20日 *
子供の頃から親しんできた谷川さんの作品を御本人の朗読で聞けるというので行ってみました。
谷川俊太郎76歳。
まだまだ溌剌としていて、朗読の調子も魅力的でした。
ピアノやギターなどと女性ボーカルが加わって、詩に曲をつけた歌も披露されました。
詩は谷川俊太郎さんのもののほか、江國香織さん、中原中也などの近現代詩。
好きな詩は、詩、そのままであってほしいですが、歌になったものも損なわれることはなく別物として生まれ変わっていました。「みんなのうた」にありそうな感じ。好きかどうかはそれによるけど。
ともかく、谷川さんの詩を作者の朗読で直に聞けて、ちょっと感激。

芸術文化センターの中ホールは初めてでした。
大ホール・小ホールは館内のほかの部分と同じように赤みのある木でできているので当然そのつもりで入ったら、中ホールだけは黒い木材で全然違う雰囲気でした。
最初、壁を暗幕で覆っているのかと思ったくらい。
どのホールも木をふんだんに使った美しい造りで大好きです。