人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
2008年 06月 04日 ( 1 )
*
*
2008年 06月 04日 *
さくらん』(クリックすると音が流れます) 2007年 日本 蜷川実花

何の気なしに観た花魁映画、なかなか楽しめました。
漫画なんですけどね。あ、原作が漫画ということではなくて、全体に安直というかマンガチックということです。
物語や人物描写に深みはないし、時代考証が気になる人にも向かないと思います。
絵空事のように徹底的に作り込んだ絵なので土屋アンナでも違和感はなかったし、どうしても普通の女の子に見えてしまう菅野美穂も華やかな花魁に見えてきました。
木村佳乃も最初は「木村佳乃が花魁?」と思ったけど、見ているうちにそれっぽく見えてきました。いわゆる売春婦だとちょっと違いそうだけど、イメージ的にならこんな花魁もいそう、と思えてきます。
土屋アンナとの対比もいいのかも。
高尾が思いつめるあたりは唐突で理解できませんでしたが、まあ全体に凝った筋書きではないので。
主人公が登りつめて一番の売れっ子になった後のたたみかけるような部分がよかった。
花魁道中の場面なんてちょっとしびれました。
椎名林檎の曲もこの映画の雰囲気にぴったり。
心に残るほどの映画ではないかもしれませんが、爽快感は残りました。