人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
2008年 12月 07日 ( 3 )
*
*
2008年 12月 07日 *
f0013029_19551335.jpg
妹が教えてくれたレシピでパンを焼きました。
水を入れず牛乳を加えて、パン焼き機でこね・一次醗酵まで行い、二次醗酵・焼成はオーブンでします。
今回はレシピ通り黒胡麻パンにしましたが、クルミなどに変えたり応用がききそう。
ごく手軽な一手間かけるだけで全自動の食パンよりずっとずっと美味しかったので、いろいろ楽しんでみます。
2008年 12月 07日 *
『ジョンQ-最後の決断-』2002年 アメリカ ニック・カサヴェテス

経済的に苦しい生活を送る中、突然息子が心臓病で倒れるが加入している保険が適用されないため手術が受けられない。切羽詰まった主人公は救急病棟を占拠して息子の治療を要求する。
もし自分がそういう立場になったら、と考えると同情はするけど、医師や患者を人質にとって立てこもる主人公には全然共感できませんでした。
解放された一部の人質が、自分が解放されたからってジョンQをいい人だとかばうのも嘘くさい。
実際にこんなことが起こったとしても、アメリカでは英雄扱いするのでしょうか。
もしそうだとしたら、声を上げるのが当然のアメリカ社会と、協調性を求める日本との間には大きな違いがありますね。
日本でこんな身勝手なことをしたら世論にボコボコにされること間違いなし。
とはいえ医療制度や保険制度に問題があるのは本当のことなので、問題提起している点は考えさせられます。
日本だってひどい有様ですしね。
臓器移植についてもそう。
医療保険制度に関する映画といえば『シッコ』もぜひ観たいです。
2008年 12月 07日 *
ドイツのシュツットガルト・バレエ団によるバレエを観に行きました。
踊りも演奏もまさに一流で、大満足でした。
演奏は関西フィルハーモニー管弦楽団。
装置・衣裳はユルゼン・ローゼという人のようですが、色彩がとても美しくて好みでした。
最初に幕が開いて青で統一された貴族達が登場した時点で、涙が出そうなほど素晴らしかった。
そのほか、妖精達、異国の王子達、100年後のファッションも素晴らしくセンスがよかった。
踊りで群を抜いていたのは悪役カラボスのジェイソン・レイリーで、ひときわの喝采を浴びていました。