人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
2008年 12月 24日 ( 2 )
*
*
2008年 12月 24日 *
『タワーリング・インフェルノ』1974年 アメリカ ジョン・ギラーミン

超高層ビル火災を描いたパニック映画。
「愛のテーマ」だけ知っていて、あんまり火災映画のサントラって感じじゃないと思っていたのですが、パーティやら幸せなシーンで使われるのですね。
ビル火災の原因は手抜き工事。落成パーティの主催者は火災を知りながら軽視したため、大惨事に発展します。
こういった人災は今に通じるものがありますね。
完成したてのビルが燃え落ちてしまうのは、処女航海で沈んだタイタニックを思わせます。
2008年 12月 24日 *
鉄のフライパン快適です!
油かえしをせず少量の油で調理しても全然焦げついたりしません。
使った後は洗ってから火にかけて水気を飛ばし、オイルミストで薄く油を吹きつけるだけ。
中華鍋の焦げクセが気になっていたのでクレンザーで徹底的に磨いたら、見事に復活しました。
こちらも今後はフライパン同様、錆びに気をつけて油を敷いておきます。

こうして油かえしの必要はなくなったので、オイルポットもいらないかな、と思ったのですが、別の理由で欲しくなってきました。
めったにしない揚げ物。もうちょっと気軽にしようかと。
今までは中華鍋で揚げて、残った油は適当な蓋付き容器に保存していました。
f0013029_638178.jpgちょっと調べて良さそうと思ったのが、オイルポットと天ぷら鍋を兼ねているもの。
2つの鍋がセットになっていて、片方の鍋で揚げ物をした後はもう片方の鍋に油を濾し入れて保存します。
揚げ物に使った鍋は洗ってから蓋としてかぶせます。
2つの鍋を交互に使うので、そのたびに洗うことができてきれいに使えるというわけ。
似たような製品がいくつかあって迷いましたが、ほかはもっと小ぶりだったので、いくら2人用でももう少し大きくてもよかろう、と20cmのものに。
油はねガードがついているのもよさそう。中華鍋だと辺り中、油だらけになって拭くのがたいへんなので。
f0013029_6382961.jpg左の鍋にのせているのが油はねガード。温度計付きです。→
この温度計は水洗い厳禁というので油はねガードは食洗機で洗えないと思っていたら、温度計は外せるので大丈夫でした。
温度計の脚だけ手洗いすればいいですね。
右の鍋には網をのせてバットとして使えます。
わたしは紙を広く敷いて揚げたものを並べていくので使わないかもしれないけど。
f0013029_6392039.jpg←揚げ物の後は油はねガードをもう一つの鍋に移し、油濾し網をのせて油を注ぎます。
f0013029_6395419.jpgこの油濾し網は揚げている最中にさらなる油はねガードとして使えるらしいですが、ほんとかな。
揚げ物って鍋に蓋をすると水蒸気が滴ってよけいはねますよね?
網ならうまく蒸気が逃げるのだろうか。
うまくいくならとても嬉しいけど。
使用・洗浄後はこのようにすべて重ねて収納できます。→