人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
2009年 02月 27日 ( 1 )
*
*
2009年 02月 27日 *
f0013029_628592.jpgさいの目のチーズがころんころんと入っているパンを作りたくて、昔ながらの硬いプロセスチーズを探してみたけど売ってない。
バターのような塊のプロセスチーズってもうないのでしょうか。
今はナチュラルチーズがいろいろ手軽に手に入りますしね。
どうしてもイメージはプロセスチーズだったので、クラフトカマンベール入り6Pを刻み、こねの途中で投入してみました。
ホームベーカリーの説明書に粉の20%までと書いてあるので、粉200gに対して40gのチーズ。
丁寧に刻んで加えたチーズ、生地を取り出してみたら影も形もない…。
一次醗酵の熱で溶けてしまったようです。
やわらかいから溶けるかも、とは思ったけど、ここまでとは。
でもポンデケージョのようなチーズ風味のパンができました。これはこれで美味しい。
それから今回ははさみで切り込みをいれるのをやめて、包丁でクープを入れました。
醗酵が阻害されるらしくややふくらみが悪かったのであまり検証にならなかったのですが、やっぱり包丁の方がはさみのように切り口が閉じてしまわないのでいいみたい。
チーズに関しては、加えるタイミングやチーズの種類など、ちょっと試してみるつもりです。