人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
2009年 04月 18日 ( 2 )
*
*
2009年 04月 18日 *
芸術文化センター管弦楽団第14回名曲コンサート。
指揮はケン・シェ、ヴァイオリンソロは川久保賜紀。
演目は
ロッシーニ 歌劇「ウィリアム・テル」序曲
シベリウス ヴァイオリン協奏曲ニ短調
ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調作品67「運命」
川久保さんが登場したのはもちろんヴァイオリン協奏曲で、その後アンコールでバッハ「パルティータ」第3番よりブレー。
オーケストラのアンコールは「ウィリアム・テル」より「舞踏曲」。

PACの「運命」…。
井上道義さんのときで懲りているので期待はしていませんでしたが、かなり残念な感じでした。
「ウィリアム・テル」序曲もそうだけど、音が揃わないですねー。
どちらも流れにのってくる後半はわりと良くて「ウィリアム・テル」はまあまあ聴けたけど、「運命」はどうも自信なさそうな音ばかりでラストもガクッて感じでした。
その点、流れるように旋律が続くシベリウスは向いている感じでした。川久保さんが良かったというのもあるけど。
オーケストラが一番良かったのはアンコールかな…。
アンコールのときだけのびのびとした演奏に感じられました。
2009年 04月 18日 *
『反撥』1965年 イギリス ロマン・ポランスキー

ふたり暮らしの姉妹。姉は妻のある男と交際しており、自宅に泊めることもしばしばだった。妹にもデート相手はいたが次第に会うのを拒絶するようになり、性への嫌悪感から狂気に陥っていく。
これ、ちょっとしたホラーですね…。
一般的にはそんなことないのかもしれませんが、怖がりのわたしにはぎりぎりでした。
ポランスキーってことはわかってたんだけど…。油断した。
エステティシャンとか、途中まではけっこう面白がって観ました。
カトリーヌ・ドヌーヴの演技はすごいし、モノクロのコントラストがくっきりした映像もきれいです。