人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
2009年 12月 26日 ( 2 )
*
*
2009年 12月 26日 *
『夜行列車』1959年 ポーランド イェジー・カワレロウィッチ

休暇を海辺の町で過ごす人で込み合った夜行列車。人目を避けるように乗り込んだ男は、独りになりたいからと2人分の料金を払って客室を確保する。そこに若い娘が強引に乗り込み出て行こうとしない。車掌は鉄道警察を呼ぼうとするが、男はもめごとは避けたいと寝台を1つ譲ることを承諾する。夜半、警察が列車に乗り込んで妻殺しの殺人犯の捜査を始め…。
女性車掌、独身主義を主張する男、不眠症の男、老神父と旅する若い神父、アバンチュールを求めて目ぼしい男に接近する新妻、水兵と少女。
スキャットが印象的な音楽の効果もあって、なんとも不思議な雰囲気のある映画です。
2009年 12月 26日 *
イタリア食堂 TAVERNA PORCINIはいつも予約でいっぱいらしいのはわかっていたのですが、友人の仕事が何時に終わるかわからなかったためとりあえず行ってみる。
で、やっぱり無理でした。
予想通り向かいのバールに誘導され、ほんの少しだけ待ちましたがすぐ席に着けました。
2人の場合はとりあえず壁に張り付いたような小さなテーブルに案内され、空き次第カウンターに移れる、というシステム。
最初の1杯に口をつけていたら、すぐにカウンターに移れました。
料理はお酒が進む味付けで、ちょっと待つけどバールにしては手が込んでいて美味しかった。
小食な人には安上がりです。
実際この日は女子飲みだったのでかなりかわいいお値段で収まりましたが、わたしには前菜程度の量だったのでもししっかり食べたらそこそこの金額はいくと思われ。
あと、バールなのでガヤガヤごちゃごちゃしてるのは構いませんが、カウンターの後ろに待っているお客が並んでいるのでなんとなく気になって落ち着かないです。
タベルナの方もイタリア居酒屋って感じらしいですが、次は予約してそっちにも行ってみたいねーと友人と話しました。