人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
2010年 07月 15日 ( 2 )
*
*
2010年 07月 15日 *
小学生の頃まで習っていたピアノ。
やり直そう、と思って昔使っていた練習曲の楽譜を用意し、今年の年明けには買うぞ!と気合を入れていたのですが…。
なかなか踏ん切りがつかず。
だって場所とるんだもん。
スペースはあるにはあるので、買った後ちゃんと使い続ければ問題ないのだけど、万一ろくに弾く時間がないなんて事態になったら…。邪魔だよなあ。

ピアノを買ったら1日5分、ハノン1曲だけでもいいから毎日弾くようにしよう。
でもほんとにそんな時間あるのか??

なんて考えて二の足を踏み続けて半年。
つい自分にいろいろ課してしまう性格だけど、なるべく自分を追い詰めるのはやめよう。
とにかくピアノを手に入れて気楽に楽しもう。
そう考えて、えいっ!と購入。
f0013029_2222436.jpg
ピアノといっても電子です。
今の電子ピアノはタッチから何からほんとのピアノにそっくりに進歩しているのですねー。
機種は去年のうちにほぼ決めてました。
KAWAIのCA12。
シンプルで余計な機能がついてなく、木製鍵盤で音の響きの評判もよさそう。
楽器屋さんで触ってみてもタッチに違和感がない。
最初はローランドやコルグも候補だったけど、実家にあったピアノが国産だったのでやはり国産の方が馴染みやすいようです。
念のためカワイのショールームにも足を運んでみると、CA12がない。
聞くと、CA12は楽器店や電気店向けの廉価版で、カワイで直接購入する場合はCA18になるとのこと。
機能は同じで少し値段が上がるとのこと。
その違いは何かというと棚受柱。
やはり柱があった方が、強く鍵盤を叩いても安定するそうです。
だったらその方がいいかな、と気持ちが動いたのですが、残念ながら18は明るい茶色のプレミアムチェリー調のみとのこと。
部屋に置くのは焦げ茶色がよかったので、12のプレミアムローズウッド調に決定しました。
カワイで説明してくださった方がすごくいい人だったので、その人から買いたかったんですけどねー。残念。

電子ピアノのいいところは、調律がいらないことと、ヘッドホンをつなげば時間を気にせず大音量で演奏できること。
ただし家電と同じで、10年20年と使っていくうちに寿命が来るそうです。
もしもピアノがすごく楽しくなって趣味と言えるくらいになったなら、この電子ピアノがだめになった暁には本物のピアノを買おう!

ひとまずハノンやらブルグミュラーやらをさらってみたのですが、ちゃんと楽譜が読めることに安堵。
そして意外と譜面や運指が記憶に残っていることに驚き。
記憶というか、身についているというか。三つ子の魂百まで。
ちょっと試しに弾いてるつもりが夢中になって、気づかないうちに夜になってました。
弾けるようになりたい曲もあるし、これから楽しみが増えました。
2010年 07月 15日 *
『パリ警視J』1984年 フランス ジャック・ドレー

規律を守らず独断で行動する型破りな刑事の話。
薔薇のスタビスキー』に続いてジャン=ポール・ベルモンド。
ダーティハリー』みたいな感じかと思ったら、無敵の刑事が大暴れするアクション映画でした。