人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
2011年 03月 17日 ( 2 )
*
*
2011年 03月 17日 *
東北の大地震、本当に大変なことになってますね。
被災地の方々が一刻も早く元の生活に戻れるよう祈るばかりです。

今、自分にできることといえばささやかながら義捐金を送ることくらい。
それと、できるだけ元気に日常生活を続けることだと思っています。

普段よく見ている、ある方のブログがあります。
その人はわたしとは違った経験をしてなかなか広い視野で世の中を見ていることもあって、そのブログを読むといろいろと気づかされることが多いのです。
その人のご実家は東北にあり、今回の地震で大打撃を受けた地域ということもあって、心を痛めていることをブログに綴っていました。
その中で、幼い息子さんが気落ちしていたので元気づけるためにカフェでおやつを食べたという記事がありました。
すると「ブログの内容が不謹慎だ」というコメントがついたというのです。
ケーキの写真があったので視覚的に目を引いたからかもしれません。
でもそのブロガーさんはなにも被災者を無視して自分たちだけ楽しんでいることをアピールしたわけではありません。
地縁のある地域の災害を辛く思いながらも、日常のささやかな喜びをブログに付け加えただけです。

なんだか、本当に不謹慎でもない行為をあげつらって「不謹慎だ!」と糾弾する人がやけに多いように感じます。

大災害は悲しいことです。
惨状の映像を見ていると涙が出ることもあるし、原発のことも解決するまで不安です。
でもだからといって誰もが沈痛な面持ちでひっそりと息をひそめていなければない、ということではないと思います。
復興のためにも、被災していない人々ががんばって働いたり生活を続けたりして経済を回していかなければなりません。
遠く離れてるから関係ない、ということではなくて、被災者の苦しみを心に留めながらも、日常を続けられる人は身体も気持ちもなるべく元気であるよう努めるべきだと思うのです。

それに、これを言うと話が広がりすぎますが…、国内の一時的な災害に対してのみ不謹慎かどうかを追及されることにも違和感を覚えます。
被災地で難儀をしている人がいるのに楽しんではいけないなら、海外で困窮している人々は?
世界中に貧困にあえいでいたり、内戦で苦しんでいる人が大勢いるのに、日本で楽しく暮らしているのは不謹慎なのでしょうか。

もちろん被災者のことを忘れてしまってはいけません。
無関心になってはいけませんが、自分のできることをしつつ、元気でいられる人はなるべく元気でいることも大事だと思うのです。

地震発生以来、映画を観ていません。
映画の感想は書き溜めたものを機械的にUPしているだけです。
でも、映画を観ることは世界を知ることの一端でもあるし、また新しい作品の鑑賞を再開しようと思います。
そして元気を出して笑顔になって仕事や生活を続けます。
(おっと、節電ということもあるんですよね。難しいです)。

毎晩、就寝時に、安全な部屋の中で温かな布団にくるまっている幸せに感謝しています。
2011年 03月 17日 *
『史上最大の作戦』1962年 アメリカ ケン・アナキン/ベルンハルト・ヴィッキ/アンドリュー・マートン

ノルマンディー上陸作戦の一日をさまざまな関係者の視点からドキュメンタリータッチで描いた物語。
出演で一番わかりやすかったのはジョン・ウェインだけど、ショーン・コネリーはわからなかった。
ソフィア・ローレンも出てるのにクレジットされてない…と思ったら、イリナ・デミックという別人なんですね。