人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
2011年 11月 30日 ( 2 )
*
*
2011年 11月 30日 *
f0013029_19571383.jpg
うちで鍋料理をするときは、卓上にガスコンロを載せて土鍋で、というまるでアウトドアのような光景でした。
長年使ってガス管を替えなければならなくなったのを機に、手軽な電気の鍋に買い替えることにしました。
こういう卓上で調理しながら食べる鍋のことをグリル鍋っていうんですね。初めて知りました。
今まで使っていた土鍋の容量と比べて象印のあじまるEP-LB10-XAを購入。
でもなんかちょっと小さい…?
満水容量2.3Lって書いてあるけど、量ってみたらそんなにない。
あふれるぎりぎりまで入れても2.3L入らないし、蓋ができるところまでなら1.9Lくらい。
使ってみたら不便なほどではなかったので、2人くらいまでなら大丈夫だと思います。

本体ガードは要らんな。

卓上に出す前に、内鍋を直火にかけて加熱できるというのは便利です。
洗いやすいし、これからは鍋が一歩手軽になりました。
土鍋の方が風情があっていい、といえばそうなんだけど、ガスコンロを使ってた時点で風情とか皆無だったしな。
あじまるは内鍋が土鍋風のタイプとか、ほかにも蒸し料理やらいろいろな機能がついてるのもあるけど、うちでは鍋料理にしか使わないし、シンプルなのにしてよかった。
2011年 11月 30日 *
『赤毛のアン』1985年 カナダ/アメリカ/西ドイツ ケヴィン・サリヴァン
『続・赤毛のアン アンの青春』1988年 カナダ ケヴィン・サリヴァン
『赤毛のアン アンの結婚』2000年 カナダ ステファン・スケイニ
『赤毛のアン 新たな始まり』2008年 カナダ ケヴィン・サリヴァン

『赤毛のアン』の実写映画化。
『青春』までの前半2作は2度目の鑑賞。
最初に観たときの記憶ではダイアナごついなーという印象があったけど、今観ると充分かわいい。大人になってからもきれい。
1作目から『青春』にかけてもいろいろ話が変えられてるけど、『結婚』以降の2作は完全にオリジナルなんですね。
まったく別の話をわざわざアンシリーズにする意味がよくわからない。