人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
2015年 02月 06日 ( 2 )
*
*
2015年 02月 06日 *
7年使った自転車を買い替えました。
1台は左ブレーキが鳴くようになってしまったとはいえ、まだまだ使える状態ではあったのですが、タイヤ交換後どうやら本体とタイヤの相性が悪いらしく、こすれてペダルがものすごく重くなってしまい。(自転車店で調整してもらったけどだめでした)。
クロモリ自転車の方もいくつか使いづらい点があるため2台とも買い替えることにしました。

新車はどってことない街乗り自転車、いわゆるママチャリです。
ハンドルまっすぐタイプでトップチューブもあるので、気持ちスポーツ寄り。
といっても2台ともカゴ付き。
これで夫は夏の暑いリュックから解放されます。
わたしはといえば、カゴに大荷物を詰め込むことも頻繁にあるので、もうクールなスポーツ車とかありえない。たぶん一生カゴ付き。

変速は3段内装にしました。
売ってるのは6段外装が多かった。
聞くと、3段でも6段でも変速範囲は同じとのこと。(6段の方が細かく切り替えられるというだけ)。
外装の方が製造コストが安いので、そちらが多いということでした。
そういえば、昔は変速なしが標準だったな。そこに安く済む方の変速がつくようになったってことか。ふむふむ。

さて無印の自転車ですが、見た目は好きでした。でもいろいろ難があったな。
タイヤ交換して使いづらくなったのも、タイヤじゃなくて自転車本体のせいだったような気がする。素人考えですが。
クロモリ自転車はフレームの形も、細いタイヤも、乗り心地が軽くて良かったようです。わたしはサドルが細くて痛いので苦手だったけど。(この時点でスポーツ車は無理か…)。
銀色のペンライト形のライトもそれ自体はかっこよかったけど、面ファスナーをギュッと巻いて締めることで固定、ってそれはないよな。抜けるし。見た目も悪いし。
チェーン錠ホルダーも邪魔くさくて使いづらかった。まあこれは使わなきゃいいんだろうけど。
本体では、サドルの位置を固定するレバーが使いづらいうえに、すぐに甘くなってしまってしょっちゅうサドルが下がってました。

人には勧められないな。でも見た目は気に入ってたんだけどな。
いずれにせよ、お世話になりました。
2015年 02月 06日 *
『続・男はつらいよ』1969年
『男はつらいよフーテンの寅』1970年
『新・男はつらいよ』1970年
『男はつらいよ 奮闘篇』1971年
『男はつらいよ 寅次郎恋歌』1971年
『男はつらいよ 柴又慕情』1972年
『男はつらいよ 寅次郎夢枕』1972年
『男はつらいよ 私の寅さん』1973年
『男はつらいよ 寅次郎恋やつれ』1974年
『男はつらいよ 寅次郎子守唄』1974年
『男はつらいよ 寅次郎相合い傘』1975年
『男はつらいよ 葛飾立志篇』1975年
『男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け』1976年
『男はつらいよ 寅次郎純情詩集』1976年
『男はつらいよ 寅次郎と殿様』1977年
『男はつらいよ 寅次郎頑張れ!』1977年
『男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく』1977年
『男はつらいよ 噂の寅次郎』1978年
『男はついらよ 翔んでる寅次郎』1979年
『男はつらいよ 寅次郎春の夢』1979年
『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花』1980年
『男はつらいよ 寅次郎かもめ歌』1980年
『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』1981年
『男はつらいよ 寅次郎紙風船』1981年
『男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋』1982年
『男はつらいよ 花も嵐も寅次郎』1982年
『男はつらいよ 旅と女と寅次郎』1983年
『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』1983年
『男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎』1984年
『男はつらいよ 寅次郎真実一路』1984年
『男はつらいよ 寅次郎恋愛塾』1985年
『男はつらいよ 柴又より愛をこめて』1985年
『男はつらいよ 幸福の青い鳥』1986年
『男はつらいよ 知床慕情』1987年
『男はつらいよ 寅次郎物語』1987年
『男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日』1988年
『男はつらいよ 寅次郎心の旅路』1989年
『男はつらいよ ぼくの伯父さん』1989年
『男はつらいよ 寅次郎の休日』1990年
『男はつらいよ 寅次郎の告白』1991年
『男はつらいよ 寅次郎の青春』1992年
『男はつらいよ 寅次郎の縁談』1993年
『男はつらいよ 拝啓車寅次郎様』1994年
『男はつらいよ 寅次郎紅の花』1995年
『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』1997年
日本 山田洋次

第1作第6作第11作は観たので、それ以外。
子供がなかなか成長しないと思ったら、初期は1年に何本も量産されてたんですね。