人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
2016年 03月 22日 ( 2 )
*
*
2016年 03月 22日 *
f0013029_18335128.jpg
久々の編み物。
2、3年前に天使のファーか何かで黒いキャップを編んで少し使ったのですが、まるでアフロのようなボリュームで「小池さん帽子」と名付ける始末。
もうちょっとファッショナブルにすっきりかぶれるものを作ることにしました。
糸は年末に買ってあったのですが、なかなか手が付けられず。
今年になってからようやく取り掛かり、2回編み直したのでこんな時期になってしまいました。
もう今シーズンは必要ない…。

糸は肌触りの良さを重視。
なので毛100%だけどチクチクしないというのでずっと気になっていたZARAにしました。
好きな色もあったし。
つるりとした感触の糸で確かに肌触り良さそう。

とにかく適当に編んでみよう、と8号で126目作り目。
これで50cmくらいだったので5cmくらい1目ねじりゴム編み。
ここまでやってから参考にしようとパターンを探し、みつけたのがこれ
偶然にも6の倍数で作り目してたので、途中の増減はパターン通りにして、最後は12目になるまで減らせばいいやーと、いったん完成させたのですが。
大きすぎました。
キャップって針の付いた状態でかぶってもサイズが合ってるかよくわからないんですね。
ほぼ完成、というところまで進まないとフィット感が見られない。

仕方ないのでほどいて編み直し。これくらい縮めればいいかな?というのを目測して、パターン通りの114目で始めてみました。
かぶり口の2目ゴム編みは1目ゴム編みに変更。作り目は10号で、その後8号。
段はパターン通り2.5cmに。
それで再度完成させたのですが、やっぱり大きかった。
再度ほどいて編み直し。

19目×6=114目を17目×6=102目に減らして開始。やはり1目ゴム編みで。
1段ごとに2回、2段ごとに6回増やすところを、1段ごとに6回、2段ごとに4回増やして、一番目数が多い部分はパターン通りの27目×6=162目になるよう調整。
減らし目はパターン通り。
これでようやくぴったりサイズに完成。
平置きでかぶり口が42cm、深さが20cmくらい。
もしかしたら16目×6=96目まで減らしてもいいかなーという気もするけど、ひとまず使ってみて考えます。
f0013029_18344054.jpg
ベレーなので平らに置いたところ。

糸:ZARA 毛100% 50g125m 色1943 2玉(97g→完成品60g)
針:作り目10号、あとは8号
パターン:10号で17目×6=102目作り目
1目ねじりゴム編みで2.5cm編む
1段メリヤス編み
17目を1ブロックとし、それぞれ1段ごとに6回、2段ごとに4回増やし目。
2段メリヤス編み
2段ごとに15回、1段ごとに10回減らし目して最後の12目に糸を通して絞る。

ところで、Bamboo帽子のところでなぜ左上2目一度ではなく右上2目一度なのか?と書いてますが、今回ちょっと試してみました。
まあだいたい想像通りですが、目の形が逆になるので見た目が変わるわけですな。
なので1ブロックの左側で減らし目をする場合、右上2目一度の方が収まりがいいのですね。
パターンを左右対称にして右側で減らし目をすれば左上2目一度でいいのかも。

あと、今回は毛100%の糸だったので、フェルト化させて糸をつなぐ方法をやってみました。
両方の糸端を斜めに切って、合わせたときにだいたい同じ太さになるようにして、片手の上にのせ、水で濡らしながらもう片方の指でこすり合わせます。というかころころ転がし続けます。
最初は撚りがバラバラして半信半疑でしたが、辛抱強く3分くらい転がしていたらちゃんとつながりました。
くぼんでいる手の平より、親指の付け根のふっくらした部分で作業するのがいいようです。
つないだところはやや毛羽立った感じになりましたが、編んでしまえばわからなくなりました。
素晴らしい方法ですねー。
今後、毛100%の糸をつなぐのはこの方法でいこうと思います。
2016年 03月 22日 *
『ハンター』1980年 アメリカ バズ・キューリック

やり手のバウンティハンターの男。出産を控えたパートナーと暮らしているが、逆恨みした男に付け狙われるようになる。
スティーブ・マックイーンの遺作。