人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
2018年 01月 07日 ( 2 )
*
*
2018年 01月 07日 *
客席がかなり空いていて、人気ないの?とやや不安になったけど、素晴らしい演奏だった。
技術レベルも高いと思うし、音色に東欧らしさも感じられて、なかなか聴かせる。パデレフスキの序曲は初めて聞いたけど面白く聞けた。
リシャール=アムランの演奏は情感が込められているタイプだったけど、曲やオーケストラにあっていたように思う。
「新世界より」は例によって第4楽章のシンバルを待っていたら、そうとう控えめで笑いそうになってしまった。

指揮:ヤツェク・カスプシック
管弦楽:ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団
ピアノ:シャルル・リシャール=アムラン

パデレフスキ:序曲 変ホ長調
ショパン:ピアノ協奏曲第1番
〈ピアノアンコール〉バッハ:アリオーソ
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」
〈オーケストラアンコール〉ブラームス:ハンガリー舞曲集より第1番
2018年 01月 07日 *
『ノスタルジア』1983年 イタリア/ソ連 アンドレイ・タルコフスキー

取材のためイタリアにやってきたロシア人作家と助手が、湯治場で狂人と言われている男に出会う。