人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
2018年 03月 20日 ( 1 )
*
*
2018年 03月 20日 *

今回も客席ガラガラ…。
まあ世界最高水準のオーケストラ!という感じではないけど、南仏らしい気楽さというか温かさのある演奏だった。
ハチャトゥリアンはヴァイオリン協奏曲の方しか聞いたことがなくて、これをフルートで吹くのは大変そうだとは思ってたけど、実際息継ぎが苦しそうだった。でも実力派のパユ氏だからできる演奏なのだろう。
管弦楽はフルート協奏曲の後半あたりからのってきた雰囲気。どうやら白鳥の湖とカルメンはかなり慣れてるみたいで、フルート協奏曲までの緊張感が消えて、みんな一気にリラックスしてノリノリで演奏してた。



指揮:トゥガン・ソヒエフ
管弦楽:トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団
フルート:エマニュエル・パユ

グリンカ:オペラ「ルスランとリュドミラ」序曲
ハチャトゥリアン(ランパル編):フルート協奏曲
〈フルートアンコール〉オネゲル:牝山羊の踊り
チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」より
〈オーケストラアンコール〉ビゼー:オペラ「カルメン」より前奏曲