人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
2019年 03月 23日 ( 1 )
*
*
2019年 03月 23日 *
祝日なのに夫の職場は休みじゃなくて、ぎりぎりまで休みが取れるかあやしかったけどなんとか一緒に行けた。
東芝の提供なのでたぶん招待券が出回ったんだと思うけど、チケット取るときに埋まってた席がけっこう空いてて複雑な気分。
Evening Landはもちろん初めて。なかなか難しそうな曲。
きれいにまとめられていて音の響きを楽しめたけど、下手な演奏だと悲惨なことになりそう。
ブルッフのヴァイオリン協奏曲は「せーの」で合わせるところが多くて、揃えるのがたいへんそう。
アラベラさんのヴァイオリンもなかなかでした。バッハも素敵だったし。
全体的な完成度としてはヴァイオリン協奏曲よりベートーヴェンの方がよかったかなあ。
その交響曲、かなりテンポ早めに感じた。カラヤンより早いんじゃ、と思ったくらい。
アンコールにジェラシーを持ってくるセンスは好き。
そして、アンコール曲ってリラックスしてるのか演奏がのびのびしてていい。


指揮:ファビオ・ルイージ
管弦楽:デンマーク国立交響楽団
ヴァイオリン:アラベラ・美歩・シュタインバッハー

ソレンセン:Evening Land(日本初演)
ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番
〈ヴァイオリンアンコール〉バッハ:無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番第3楽章
ベートーヴェン:交響曲第7番
〈オーケストラアンコール〉ゲーゼ:タンゴ・ジェラシー