人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
2019年 07月 25日 ( 1 )
*
*
2019年 07月 25日 *
f0013029_05592400.jpg
アンジェリーナのモンブラン。デミサイズ。
どんなものか詳しくは知らなかったけど、メレンゲの台にマロンペーストのドームが乗っていて中身は生クリーム、というシンプル構造。
よく、下半分がカップ状になってたりするモンブランがあるけど、アンジェリーナはそういうタイプでいうと上部分だけなのでやわらかい。
紙のカップをはがしてからフォークを入れると一気に崩れる。これはこのまますくって食べるんだな。
味はですね、栗が濃い。
クリームがとてもフレッシュ。
わたしは生クリームはあまり得意じゃないのだけど、ここのは質がいいと思う。
メレンゲとクリームが口の中で一緒になったとき、なんだろうこの懐かしい味は…?としばし考え込んでわかった。ミルキーだ!
で、結論ですが、これものすごく甘いです。わたしには甘すぎた。
二口、三口まではなかなかおいしいと思っていたのに、その先はつらくなってきた。空腹だったにもかからわず。
パリ在住の人が「昔は甘いと思ってたけど久しぶりに食べたら軽くておいしかった。誕生日ごとに食べたいくらい」というようなことを言ってたのだけど、パリより日本の方が甘いってことあるのだろうか。謎だ。パリのを食べてみたい。
f0013029_05594877.jpg
と言いつつ懲りずにマロンロールも。
こちらはスポンジを使ってるぶん甘さの印象も違うかと思って。
しかし、やはり甘かった。
スポンジとクリームはさほど甘くないのだけど、マロンペーストが気が遠くなるほど甘い…。
ちょっと調べたら「濃厚なスイーツが苦手な人にはおすすめしない」というレビューがたくさん出てきたけど、栗やクリームが濃厚なのはいいのよ。甘すぎるのよ。

そんなことを思っていたら、なんとアンジェリーナのモンブランについて立ち話をしている人たちに遭遇。
ちょっと年配のおしゃれマダムおふたりだったのですが、「あれが一番好き!間違いないから」と熱く語っていて。
甘ーいものが好きな人って多いんだなあ。