人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
カテゴリ:和装( 37 )
*
*
2007年 03月 13日 *
名古屋帯の結び方の回。30分早く終えて懇親会を行うとのこと。
まずは前回のおさらいです。
補整から、着物を着て伊達締めを締めるところまで、前回よりもじっくりと一つ一つ確かめながら進めていきます。
補整用のタオルの枚数や巻き方は体型に合わせて調節します。わたしは2枚つなげたものとおしぼりタオル1枚を用意していきました。
端の折りたたまれている部分をほどいて縫い合わせたのですが、接続部分だけではなく、完成品の端の折り目もほどいた方がいいと言われました。確かにその方が表に響きにくいですね。
f0013029_9124915.jpg長襦袢を羽織った時点で、襟芯の向きが逆になっていることを指摘されました。
まっすぐな襟芯に方向はありませんが、湾曲したものの場合、山になっている方が上になります。
わかっているのになぜ?と思ったら、襟芯を入れる位置を間違っていたことに気づきました。長襦袢の内側に入れるところを外側に入れてしまっていたのです。襟芯の縫い止まりをつけていったのですが、これも間違って外側につけてました…。
f0013029_928159.jpgf0013029_9155196.jpg正しくはこの位置です。襟芯の中心と背中心を合わせ、襟芯の片方の端にあたる部分を縫い止まりにしておきます。この作業、半襟を頻繁にはずすものの場合はかえって手間なので不必要ですね。
さて、まったくの初めてだった前回とは違って流れを把握しているし、練習もしていったので余裕をもってついていけました。もちろん、仕上がりはまだまだてんでダメですが、しわをなくしてきれいにしていく方向性がわかってきました。衣紋ももっときっちり抜けるようになりたいな。
続いて先に進みます。前板を装着。
先生はゴムベルト付きを前提としているので買いました。
帯は下端が胴に沿っていて、上端が少し浮いているのがかっこいいとされるのだそうです。なので、前板を留めた後は、ゴムベルトを上方に引き上げます。
いよいよ名古屋帯の結び方!と思ったら、今回は巻きつけるところまででした…。
手先を左肩に掛け、一巻きしてぎゅっと締めます。さらにもう一巻きして右前でクリップで留める。ここまで。
生徒が気にするのも余計なお世話かもしれませんが、つい気になるのが時間配分です。
お稽古は2時間。前回のおさらいで1時間かかりました。帯の巻きつけ方もひとりひとり時間をかけて指導していきます。
このペースで結び方までいけるの?と時計を気にしていたら、帯の結び方ではなく巻きつけ方で終わった、というわけです。
さすがに先生は慣れているようで、きちんと配分して進めているのでしょうね。
お稽古の後は歓談タイムです。
徴収したお金で係の方がお菓子を用意してくれていて、お茶は各自で持参。
知らない同士が集まってどうなることやら、と思っていましたが、やはり生徒はみんなあまり発言しませんでした。お菓子にもほとんど手が伸びません。でも先生が着付の仕事のことや御家族のことなどお話してくださり、さほど盛り上がらないながらもなんとか間が持ちました。この状態にも慣れているのでしょうね。
一日一緒に行動する帯セミナーの後からはみんな急速に打ち解ける、ということでした。
先生の話に生徒が相槌を打っているだけでも時間は過ぎていき、小1時間たった頃、つまり通常の終了時間の30分後におひらきとなりました。
2007年 03月 05日 *
肌着から帯締めまですべて揃えて持参したところ、この日は帯結びの手前まででした。
初心者のわたし達のために足袋の履き方から教えてくれます。
一番下は和装ブラジャーですが、わたしはスポーツブラのようなもので代用しました。レッスン中に先生につっこまれて冷やりとしましたが、「きれいに収まってますね」と言われてホッ。
和装スリップまで着てレッスン開始の待機です。スリップの紐ですらどう通すのか戸惑いましたが、なんとか身につけました。紐を蝶結びにしていたところ、ごろごろするので結ばず引っ掛けておくだけでよいと言われました。なるほど。
まずはタオルで胸の下から腰まわりを補整。タオルは2枚をつなげて長くなるよう縫い合わせるといいようです。端を折って脇など特にくびれている部分に厚みを出し、完全に重ねず上下に少しずらすように巻いて、クリップで仮留め。腰パットをつけて押さえます。
次に長襦袢。襟芯を入れ、衣紋抜きの穴にコーリンベルトを通してから羽織り、こぶし1つ分の衣紋を抜いて、胸を包むように前を合わせます。長襦袢の襟をコーリンベルトで挟んで固定します。しわを伸ばし、余分を脇に寄せて整えます。
襟元からなでおろすようにして、胸のすぐ下で伊達締めを締めます。テープで留める簡易式のものを使っている人が数名いましたが、先生は、汗をはじいて体が蒸れるし着物も傷むのでオーソドックスなタイプを用意するよう指導していました。
広襟なら背中心で幅を半分に折って、着物を羽織ります。袖を長襦袢と馴染ませ、襟を長襦袢より5mmほど出すようにして背中心でクリップで留めます。両手で衽をつかんで裾の高さを決めます。右端は10cm、左端は5cmほど上げるようにして床すれすれに。紐などで締めていくと少し上がるそうです。
ウエストベルトで固定します。右手を「休め」の姿勢で左前を押さえ、左手でベルトの中心を持ちます。中心を持ったまま右手でも押さえ、左手で体の中心まで持っていきます。中心を合わせたらその位置で固定し、後ろから前に回して留めます。
着物の襟を合わせます。耳の下で長襦袢と同じ高さになるようにして、胸元で2cmほど長襦袢が見えるように合わせます。脇を収めて、コーリン和装締めをつけます。このとき、右は右手で押さえて右手でつけ、左は左手で押さえて左手でつけます。和装締めを体に回して留めます。
おはしょりのしわや余分な部分を整えます。前は二重になっているので内側は上げて補整の一部になるように整え、一重にします。
伊達締めを締めます。下におはしょりが6~7cm出るくらい?長襦袢のときより少し下になります。
今回習ったのはここまで。自分のための覚え書きなので伝わらないかもしれませし、省略していますが、ざっとこんな感じです。ここに書き出してみると、けっこう細かいことまで思い出せました。忘れないうちに反芻しておかねば。
あっという間にここまで進むので、ついていくのに必死です。メモを取る暇などほとんどありません。この後、みんなでもう一度始めからやることになったのですが、かなり難儀しました。もちろんできあがりは惨憺たるものです。
ついでに前板チェックがありましたが、ゴムベルトのついたものを持参するよう指導されました。手元にあるのはベルトなしなので、次回までに買うことにします。
そして、何度も練習しなくては。
次回は帯の結び方ですが、とりあえず持ち運びに重くない名古屋帯でいいそうです。
f0013029_942751.jpg襟芯はクセがついてしまうといけないので、使用後は必ず抜いて、完全に平らな状態にするか、くるくる巻いて保管しておく。
←巻いてクリップで留めた状態です
ほかに次回までにしておくことは2つ。長襦袢と襟芯の中心を合わせて、毎回確認せずに済むよう片側を縫い止まりにしておく。補整用のタオルを縫い合わせておく。

さて…。
セミナーは一日拘束されるので、友人は都合が悪いと先生言ったところ、「仕事ですか?」と鋭く追及されたらしいです。やっぱりセミナー=販売会にはなんとしても参加させたいのでしょうか。
日本和装に不信感を持ったのは、帯セミナーの後に着物セットを安く販売してること。あと、セミナーで一日拘束されることは事前にわかるようにしておくべきですよね。
いろいろな品物が見られて勉強になると思うし、セミナーに参加することに迷いはないですが、購入については考えてしまいます。
最初は、帯セミナーで帯単品は買わない。着物セミナーでは本当に自分が気に入ったものがあったら考える。と思っていましたが、日本和装の悪評を知ってしまうと買う気が失せますね。
でもどうやら粗悪品というわけではないようですし、すごく気に入ったものがそこそこ手頃なら買ってもいいかな、と思っています。帯が必要な小紋もあるし。
母がよく言っていますが、「着物は出会い」というのもあるんですよね。だからといって雰囲気にのまれて買わされちゃあいけませんが。
安ければいいってものでもないのが難しい。かといって高ければいいかというとそうも言えないし。
自分の経済力に無理のない範囲の買い物なら、そんなにキリキリしなくてもいいかな。
2007年 03月 02日 *
1回目は主にカリキュラムの説明と自己紹介でした。
畳敷きの一室に集まった生徒は11人。講師の先生と、日本和装の係員(社員?)の若い女性が待っていました。
やはり抽選だか選抜だかがあったということですが、席は12用意されていたので1人来なかったようでした。
カリキュラムは
1 説明会、自己紹介(写真代300円)
2 普段着の着方
3 名古屋帯の結び方 懇親会(300円)
4 名古屋帯(ポイント柄)の結び方
5 良質な帯を学ぶセミナー(交通費・昼食込み1800円)
6 ゆかた、半幅帯の結び方
7 柔らか物の着方
8 柔らか物の着方 懇親会(300円)
9 留袖の着方(着物のTPO・自分の寸法)
10 良質な着物を学ぶセミナー(交通費・昼食込み1800円)
11 留袖の着方、袋帯の結び方(二重太鼓)1
12 留袖の着方、袋帯の結び方(二重太鼓)2
13 習得度の確認テスト(実技・知識) 茶話会
14 全体のおさらい
15 修了記念パーティ(8000円)

ほぼ毎週ですが、セミナーの回などところどころで飛ぶこともあります。
1回2時間ですが、セミナーという名の販売会では一日拘束されるらしいです。帯セミナーは京都の織元か大阪の研修センターのどちらかで未定。
懇親会の日は少し早めに切り上げてみんなでお菓子を食べながら歓談するのだそうです…。そのための係が生徒から2人選ばれました。立候補でした。このおふたりが会費を徴収してお茶とお菓子を買出しする役になるそうです。
予め各日程を言われましたが、修了記念パーティだけは未定で10月頃だそうです。真夏かと思っていたので一安心。
写真は会員証(?)と講師の手元用で、日本和装の人がデジカメで撮影しました。この方は、初回とセミナー2回の計3回だけ登場するそうです。
「とにかく休まないように」ということを、先生と日本和装の人、双方からやたら念を押して言われました。建前は「内容が濃いのでもったいない」とのことですが…。
日本和装の人は「私も鬼ではないので40℃の熱があるのに来いとは言いません」と話していましたが、でも少し体調が悪いくらいなら頑張って来ましょうといった調子です。充分鬼ですな。
都合の悪いときは、先生の持っているほかのクラスに振り替えしてくれるそうです。でも「ほんとはいけないんです」と言ってました。日本和装の人に「聞かなかったことにしてくださいねー」と。
急いで入手した長襦袢ですが、あまり必要ありませんでした…。ひとりひとりチェックするのかと思いきや、そんなこともなく、衣紋抜きが付いている人のものを参考にして付け方を説明するくらい。
f0013029_855586.jpgf0013029_8551459.jpg衣紋抜きの付け方です。
衣紋抜きの幅より少し広めに、半襟を縫い付けている糸をほどきます。
半襟と長襦袢の間に衣紋抜きを差し込み、半襟がかぶさる内側で長襦袢に衣紋抜きを縫い付けます。粗い針目で浅くすくうだけで大丈夫。このとき、衣紋抜きの紐を通す部分が外側になるよう注意。
半襟をかぶせて再び縫い付けます。

自己紹介は1人ずつ立って名前と応募のきっかけを一言ずつ。
あとは、次回から持参する物の説明。持っていないものは日本和装で購入できます。
妹の先生は専用の小物はあまり使わないらしいのでそういうのを期待していたのですが、わたしの先生からはけっこういろいろ揃える指示が。
共通しているのは、着物、襟芯、帯、帯揚げ、帯締め、足袋、長襦袢(半襟付き)。ここまでは当然として、あとは、和装スリップ(または肌襦袢&裾よけ)、伊達締め2本、衣紋抜き、帯枕(ガーゼで包んで中心をゴムで留めたもの)、和装クリップ。
違ったもの。妹の先生は、コーリン腰紐、コーリンベルト2本、補正用タオル数枚、仮紐?本、前板(ゴムの付いたものが便利)。
わたしの先生は、和装ブラジャー、腰パット、ウエストベルト、コーリン和装締め、コーリンベルト1本、前板(ゴムの付いた長めのもの)、薄手の補正用タオル数枚、仮紐2本、腰紐1本。
妹の先生は補整はタオルだけですませ、着ているときに楽な着方を教えてくれたそうです。
わたしの先生は「とにかく簡単に着られる方法を教えます」とのこと。
コーリンベルトや衣紋抜きなどの便利小物は、慣れたらいらなくなったとか、最初から必要を感じない人もいるようですが、とりあえず従うしかないので言われたもので足りないものは買うことにしました。
道具を使わない紐だけの着付の方が応用が利くというか紐さえあれば困らないので、そちらを習いたい気もしてたのですが、考えようによっては道具さえ揃えておけば手早くできていいかもしれませんね。
最初はいろいろ試してみて、将来的に自分に合うやり方をみつけていくことにします。
着付をするときに足元に敷く衣装敷き紙、妹の先生は否定的だそうです。狭い教室で場所をとるし、「踏めないんです」と。でも、わたしの先生は推奨してました。陣地を確保できるしいいと。レジャーシートは滑るから禁止で、風呂敷だと帯が巻き込んでぐちゃぐちゃになってしまうとこのこと。わたしはたまたま手元にあるので持参します。

日本和装で小物を買う方法は、配布された申込用紙に記入して初回のうちに係の人に渡すか、後日ファクシミリで送信します。3~4日必要で、サイズがないとさらに遅くなることもある、という話でしたが、2日後に届きました。
f0013029_19292266.jpgネットで揃えようかとも考えましたが、品質や送料を考えると最初はまとめて日本和装に頼んだ方がよさそうだったのでそうしました。意外と、ほかより安いものもあります。
品物はヤマト運輸の代引で届きます。送料無料。初回は代引手数料無料。2回目以降は2000円以上なら代引手数料無料になるそうです。
足袋の1700円は高めと思ったら、ストレッチということなのでそれなら比較的お得です。
和装スリップもほかより高めですが、身頃が綿、裾がポリで裾さばきがいいという説明だったので、ここは素直に信じてこれにしてみました。わたしは暑いとつらいので夏用にしました。
モスの紐はデパートなどで少し安いものをみかけたので、ほかで買ってもいいですね。
f0013029_19294146.jpg左下は帯枕用のゴムです。ガーゼと帯枕は持っていたので、ゴムだけ買ってこのように中央を固定しました。真っ白でわかりづらいですが→
f0013029_19295026.jpg和装クリップはデパートで買いました。なかなか見た目がいいのが売ってませんね。

で、日本和装。先日は「胡散臭いものでもないらしい」なんて書いてしまいましたが、調べ方が甘かったらしく…。なんだか悪評が多いんですね。胡散臭さ満載です。
わたしは妹からの情報に頼っていましたが、妹の先生がいい人だったということなのでしょうか。
あまりにも恐ろしい評判は、突出してひどいケースだから話題になっているだけですよね?と思いたい。
セミナーで売りつけるシステムなのはわかっていましたが、わたしはセールスには強い方だし買わなければいいと思っていたのです。でも、買わないことでいやな目にあわされるかもと思うと今から気が重いです。まだ着付も始まってないのにね。
まあ、やめるのはいつでもできるし、まずは一生懸命やってみます。
2007年 02月 23日 *
大急ぎで長襦袢を買いました。
話せば長いことながら…。
ことの起こりは去年の初夏。起こり、といっても何も起きていないのですが、「自分で着物を着られるようになりたい」「普段、気軽に着物を着たい」という、微かにくすぶっていた欲求を認識してしまったのです。
そして秋、日本和装の無料きもの着付教室なるものを知ります。
そう胡散臭いものでもないらしいし申し込んでみようか、と思ったのは、ちょうど秋期の募集が締め切られた直後でした。
残念。次回はすぐに申し込もう、と思っていたところ、奇遇にも妹が日本和装の着付教室に通い始めたというではないですか。
事前に着物の話題があったわけではなし、これはまったくの偶然です。
先を越された!と冗談混じりに思いましたが、結果的には先駆者から詳しい情報が聞けて重宝しました。
そして年明け。実家から着物を持って来ました。必要そうな小物は妹に確認しておきました。春期の募集が始まった時点で友人を誘って一緒に申し込みました。
その友人は数年前から和装に興味を持ち始め、さほど熱意はなさそうなものの自分で1揃い購入して、呉服屋さん主催の簡単な着付講座も受けたことがある、という経歴。
ところがその友人によると、日本和装の教室に通えるかどうかは抽選で決まるとこのこと。彼女は1度落選しているそうなのです。妹に聞いても、平日の夜や週末はかなり競争率が高いらしい様子。妹の周辺でも3回目や4回目の申込みでやっと当選した、という人がけっこういるそうです。
長襦袢や足りない小物を揃えても、通えない可能性もあるのね…。落選したらまた続けて応募しよう。などと落ち着かない気持ちでいましたが、受講のお知らせの葉書が届きました!友人も当選したので一緒に通えることになりました。
この、申込み締切→当否連絡→第1回の説明会、の期間の日数が短いのです。
長襦袢や小物を揃えなければならないわたしですが、妹によると1回目は何もいらなかったとのこと。そのつもりでいたら、説明会の時点で長襦袢を持って行くよう葉書に書いてあるのです。
着物の寸法を確認するくらいでもたもたしていたわたしですが、急いで既製の長襦袢を買いました。
きちんと寸法の合うものを仕立てるのは後日ということにして、練習用に安価なものをネットで購入。間に合うよう配送してもらえるか電話確認しましたよ。
デパートの呉服売場も偵察しましたが、何もかもものすごく高い。ちょっと高いくらいならデパートで買おうと思って行ったのですがネットの何倍もの値段で、10倍くらいする小物も。
着物関連の値段はあってないようなものだそうですが、本当ですね。宝石と似てますな。
f0013029_23512767.jpgf0013029_2351374.jpg無事に届いた長襦袢はこんな柄。幾何学模様ということですが、麻型ですな。
ほんとはもっと違う色にしたかったのですが、ピンクの着物で練習するつもりなので無難にピンクにしておきました。
ついでに伊達締めを1本買い足しておきました。
ほかの小物は、何を使うか説明会で聞いてから買う予定です。先生によって違うらしいので。
説明会前日に日本和装からちゃんと参加できるかの確認電話がかかってくる、という情報をネットで得ていましたが、説明会3日前にかかってきました。確認といっても留守番電話に「お待ちしています」というメッセージが残っていただけですけどね。
いい先生だといいなあ。かなり当たり外れがあるらしいです。でもわくわくしています。がんばるぞー!
年末に髪を切ってから、しばらくは短い状態を保つつもりでいましたが、着物を着るとなるとまとめられるように伸ばそうかという気になってきました。
2007年 01月 11日 *
今後の和装についてあれこれと考えていましたが、ついに挑戦してみようかという気になってきました。普段の生活で普通に着物を着られたら素敵ですよね。
というわけで実家から何枚か着物を持ってきました。
f0013029_20213531.jpg
これは自分で縫った袷と羽織です。
長襦袢を作らなくては。以前来たときは母の手持ちを適当に合わせたのだったか…?
帯も要りますね。
そういえば、自分で縫ったウールもあるのでした。こちらも帯が必要です。
f0013029_20215452.jpg
これはずっと昔から母がわたしにと思っていた着物だそうです。
妹が「お母さん、ずっと前から言ってたもんね」と言ってました。そんなことわたしは全然知りませんでしたよ。
確かにこの色味はわたしの肌色や雰囲気に合いそうです。
そして帯は山。雄大ですな。
f0013029_20221941.jpg
こんなかわいらしいのも借りてきました。
萌黄、というには少し淡いのでしょうか。
ほかにも実家にあるものや妹が持って行ったものなど、交換して楽しめるといいなあ。妹の方が顔も雰囲気も和服がしっくり似合うので、どちらかというとわたしは自分で着るより彼女に美しく装ってほしいといったところ。
f0013029_20223981.jpg
留袖です。
これを着て出かけることはたぶんないと思いますが、なにごとも経験なので練習用に借りてきました。
f0013029_20225217.jpgこの緑の帯を合わせればいいのかな?
基本的なことから学ばないと、知識がないのでさっぱりです。和裁はできるくせにね。
ほかに、絽や紗も持って行くよう言われましたが、地球温暖化の著しい昨今、夏に着物は厳しいです…。浴衣ですら暑くてここ数年は着るタイミングを逃し続けています。この夏は着たいな。
f0013029_20235259.jpg今年は着付を始めたいと思っていますが、年内に始められるかは未定なので目標には入れないでおきます。

実家から持ってきたものといえば!
今年もゆり根をもらってきたのに放置したままになってるのを思い出しました。
さっさと茹でなくては。
2006年 06月 22日 *
ずっと和装は敬遠してきたのです。しっとりとした和風の顔ではないし、なんとなく似合わない気がして。
といいつつお決まりの場面では着てますけどね。成人式はスーツでしたが、大学の卒業式は自分で縫った袷に袴を合わせました。振袖を着たことがなかったので一度着ておこうと結婚前に着て記念写真だけ残しておきました。あとは、白無垢と色打掛で結婚記念写真。挙式や披露宴ではドレスだけ。ふたりで写真館に行って記念撮影しただけです。後から、母にも一緒に来てもらって実物を見せればよかったと思いましたよ…。
普段は浴衣くらいです。でもここ数年着てないので帯の結び方を忘れてるような気がして心配です。この夏は浴衣で歩かなくちゃ。
こんな、着物生活とはほど遠いわたし。もう一生浴衣以外は着ることはあるまいと思っていたのですが、近頃、和装に慣れておきたいという気持ちが高まってきました。日本女性として伝統衣装を自分で着こなせるようでありたいと。
送ったたんすが無事実家に届けられ、母と話していて着物の話になったのです。若くて着られない着物があるから着ないかと。まだ見てないので好きかどうかわからないけど、気になります~。
でも着付ってどこで習えばいいのでしょう?と思っていたら近隣の着付教室の投げ込みチラシが。個人がやっている教室だそうです。で、思い出したのですが、職場に着付教室の関係者がいたような。挨拶程度しか話したことのない人なのですが、聞いてみると自宅で着付教室をやっているとか。たぶんわたしとほぼ同年齢だと思うのですが、すごーい!しかも、通って通えない距離ではないのです。今すぐ習いに行く決意はできませんが、ちょっと考えてみます。こういうのも巡り合わせかと思ったり。
〈着付を習いたい理由〉
・日本人として自力で和装を身につけられるようになりたい
・普段から気軽に着物を着こなしたい
・せっかく手元や実家に着物があるのだから活用したい
〈着付を習うのに気が進まない理由〉
・着物がものすごく似合う顔ではない
・体型補整をしなければならないので、着崩れやすそう
・着物や小物など、物を増やしたくない
・クリーニングが手間だし、いちいちお金がかかる←クリーニングって年1回くらいしか利用しないんです。自分で洗っちゃいたい気もするけど、絹は風合いが変わってしまいますよね。きっと
・正座が苦手←慣れてないので足がしびれる、というのもありますが、昔足首を捻挫して以来、正座はつらいのです。まあ、我が家はすべて椅子生活だし、外でも着物だからといって正座の必要なく過ごせますけどね
この中で一番気が重いのは着物が場所をとることですね…。なにしろ物を増やすのがいやなので。
2006年 01月 06日 *
昨日は日中寝込んでいて夜に熱が引いたので、ゆうべはまったく寝付けず、明け方1時間ほど眠っただけです。あまりにも目が冴えているのでよっぽど起き出して活動しようかと思いましたが、風邪の治りかけなのでさすがにおとなしくしてました。後でお昼寝します。
熱は下がりましたが喉がおかしいので、駆風解毒湯から麦門冬湯に切り替えました。

今回実家から持ち帰ったものは…