Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
カテゴリ:酒( 290 )
*
*
2018年 05月 01日 *
f0013029_06190571.jpg
ドメーヌ デュ シュヴァルブラン、白に続いて赤。
テーブルワインらしくあっさりめだけどタンニンぽさがあるという、わたしには合わないタイプだった。
[PR]
2018年 04月 29日 *
f0013029_09132144.jpg
ドメーヌ デュ シュヴァルブラン白。
シャトー シュヴァルブランと同名のボルドーだけど、かなりリーズナブルなテーブルワイン。
飲みやすくて悪くはなかったけどあまり印象に残ってない。
[PR]
2018年 04月 25日 *
f0013029_06010585.jpg
ル・プティレオンに続いてボルドーのシャトー ガロー。LALANDE DE POMEROL地区。メルロ70%、カベルネ・フラン29%、カベルネ・ソーヴィニヨン1%。
ソフトなフルボディ。
久々にしっかりした香りのワイン。ベリー系の芳醇な香り。味はもっと熟成したまろやかさが欲しいと思ったけど、渋みが夫好みだと思って聞いてみたら90点だって。
[PR]
2018年 04月 21日 *
f0013029_10271430.jpg
酒屋に行ったらなぜか夫が黒ビールを一通り購入。
Asahiスタウトが空き瓶なのは、帰ってきて車から降ろすときに落としたから。まあ被害はたいしたことなかったんだけど、王冠が少し外れたらしくて噴き出してきて少し大変でした。
で、飲み比べですが、AsahinonoのDRY BLACKは予想通りドライだった。でもあとのプレミアムモルツ黒とYEBISU BLACKと一番搾り黒生は大きく違わなかった。ただし一番搾りがダントツ後味がいい。
[PR]
2018年 04月 17日 *
f0013029_05541548.jpg
ル・プティレオン。メルロー50%、カベルネ・ソーヴィニヨン50%。
久しぶりのボルドー。軽めだけど手頃だしこんな感じかな。
やっぱりボルドーワイン好きだなあ。メルローとカベルネ・ソーヴィニヨンという組合せが好きなのかもしれないけど。
[PR]
2018年 04月 11日 *
f0013029_09313206.jpg
見るからに色も薄いが、味もかなり軽やかで繊細。
かといって味が薄いというわけではなくバランスが良くて飲みやすい。強い味がないので水のように飲んでしまいそうなくらい飲みやすい。
[PR]
2018年 03月 28日 *
f0013029_05535470.jpg
ペルナン・ヴェルジュレス、白に続いて赤。
ピノ・ノワールらしい、かな。酸味が強くて、渋くはないけど遠くの方でタンニンを感じるというか。
香りはあまりなかった。
[PR]
2018年 03月 24日 *
f0013029_10495468.jpg
ブルゴーニュのペルナン・ヴェルジュレス。
DOMAINE LALEURE-POITドメーヌ ラウール。シャルドネ。
シャルドネらしい香り。味はエレガントだけど、ふわっとクセがあって、大人っぽい感じ。
[PR]
2018年 03月 13日 *
f0013029_05595546.jpg
オーストラリアのスパークリング。
名工の風鈴をイメージした、というだけあって、軽くて爽やかで夏向けの味わい。暑いときにごくごく飲みたい感じ。
でも味が薄いわけではなくて、しっかりとフルーティな骨格があるというか。
ワインは基本的に濃厚でまろやかなものが好きなんだけど、軽くて繊細でここまでおいしいのは初めてかも。
[PR]
2018年 03月 09日 *
f0013029_05584475.jpg
ドウロのキンタ・ド・カシャオン。
土着のぶどうを使った、と書いてあるけど品種名がわからない。
ダンがおいしかったのでちょっと期待してたんだけど、これは好みと違った。
渋いし香りも弱め。
[PR]