Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
カテゴリ:酒( 322 )
*
*
2019年 02月 17日 *
撮影するの忘れたけど、イタリア ピエモンテ州のコリーヌ ノヴァレージ ネッビオーロ。
久しぶりに古いヴィンテージ。色がけっこうオレンジがかってきてる。
華やかでしっかりしたとてもいい香り。
タンニンぽさもあり酸味もある複雑な味。行きつけのワイン店で人気が高いというから買ってみたんだけど、みんなこういうのが好きなのか。
2019年 02月 06日 *
f0013029_18451360.jpg
DOPドウロのフロール ダス テセデイラス。
トウリガナシオナル、トウリガフランカ、ほか4種。
デカンタージュしてもとても渋い。グラスを回しながら飲んでたらようやく少しまろやかになってきたけど、かなり時間がかかった。
2019年 02月 02日 *
f0013029_18312801.jpg
キンタ・ド・ヴァルドエイロ
ポルトガル中北部の大西洋側に位置する温暖なバイラーダ地方。日当たりのよい坂道を中心に広がるヴァルドエイロ農園で、丁寧に精魂こめて育てた白ぶどうだけを使い、辛口のワインに仕上げました。桃や杏、南国の果物やハーブを連想させる華やかな香り、すっきりとした飲み口の中にも複雑でふくよかな味わいが広がります。
との説明書き。
確かに辛口ですっきり。でも複雑でふくよかってほどではないな。香りもあまり立たないし。
それにしてもやけに軽くてぐいぐい飲める…と思ったら、アルコール度数11%しかなかった。
2019年 01月 24日 *
f0013029_17590379.jpg
吟醸を気に入ったので原酒はどんなかと思って試してみたら、全然違う。
系統としては白鷹に似てる。白鷹は強い香りがしないけど、福寿はフルーティな香りが立つ。交互に味わうと味はどちらが白鷹でどちらが福寿原酒かわからなくなってくるんだけど、落ち着いて匂いをかぐと華やかな香りが立つ方が福寿。
福寿はほかにもいろいろあるので飲み比べてみたい。
2019年 01月 20日 *
f0013029_17440577.jpg
ユーデカの白に続いて赤のチェーサレ。
シチリアの固有品種ネロダヴォラを使用。干したブドウをワインにし、生のブドウから作ったワインにブレンド。深みのある味わいです。
渋みの中にほのかな甘みのある調和のとれた味。
との説明書き。
樽香とベリーが混ざったような不思議な熟成した香り。でもそんなに強くなくて、わりと早く消えた。
味はいろんな種類のベリーが混ざったような感じ。フルーティだけどフレッシュなのとは違って深みがある。なんとなく蒼龍っぽさもある。
面白いしおいしい。独特だけど飲みやすい。
白とともにこれはまた飲むつもり。
2019年 01月 10日 *
f0013029_22072631.jpg
シチリアのユーディカ ヴァレンティーナ。
シチリアの固有品種インソーリアをメインにシャルドネ、ジビッボをブレンド。フルーティーでありながら深みのある味わいです。
柑橘類を思わせる香りと樽熟成のフルーティーさを残しつつ安定感のある味です。
との説明書き。
色が濃い。味は、独特の酸味があるけどそれほど強くない。
いろんな風味が混ざった複雑なフルーティさで、ちょっとグラッパなど食前酒や食後酒のような趣。そこまで濃厚じゃないけど。すごく面白い。
エスキーナで飲んだグラスワインにこういう系統のがあった気がする。
2019年 01月 08日 *
f0013029_21480088.jpg
夫が獺祭を飲んでみたいというので、最寄りの取扱店で入手。
ロブション氏が広めているためフランスで人気、というのは知っていたので、福寿みたいなすっきり系かと思ったら全然違った。
よくフルーティといわれてるけど、かなり日本酒的。
確かにフルーティなのは事実で、ものすごく華やかな香りがするから、その辺が受けてるのかも。
2019年 01月 02日 *
f0013029_20492094.jpg
神戸酒心館の福寿の純米吟醸。精米歩合60%。
ノーベル賞晩餐会で供されたという謳い文句も「ふーん」としか思ってなかったけど、びっくりするおいしさだった。
十四代を飲んだときも、両親は絶賛してたもののわたしはそれほどインパクトは受けなかったんだけど、これは今まで飲んだことのない味わい。すっきり。洗練。
普段飲んでる白鷹を基準にしてて、白鷹は洗練されてると思ってたけど、それを上回る洗練度。
お米でできてるのに白ワインみたい。西洋人も受け入れやすそう。
これに比べると白鷹ですら日本酒独特の重さを感じる。
もちろんどちらが上ということではなくて、それぞれの個性に乾杯だー。
久々に気に入るお酒がみつかって幸せ。
蔵元レストランもあるみたいなので行ってみたい。

2018年 12月 31日 *
f0013029_18524911.jpg
ウダカ トゥリガナシオナル
トゥリガナシオナル100%
香りはいいけど渋い。手頃なアドロ・ダ・セの方がずっと好みだった。
なんかこのパターン多い気がする。
2018年 12月 19日 *
f0013029_15303411.jpg
ポルトガル ダン地方のウダカ アドロ・ダ・セ。トゥーリガ・ナシオナル主体。
これは値段の割になかなか。濃厚だけどほどよく飲みやすく、華やかな香りも好み。
モンドールともよく合いました。