Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
カテゴリ:酒( 311 )
*
*
2018年 11月 28日 *
f0013029_18422092.jpg
ポルトガル ダン地方のソイト ブランコ。
エンクルザード80%、マルヴァジア・フィナ20%
辛口だけどきつい感じは全然しなくて、軽くてすっきり。
けっこう酸味がある。柑橘系のフルーティなすっぱさというより、香辛料を思わせるスパイシーなすっぱさ。
f0013029_18422669.jpg
チーズはトリュフのペーストを挟んだブリー・トリュフ。
けっこう繊細なので、口の中をきれいにしてトリュフ部分に集中して味わった方がいいみたい。

[PR]
2018年 11月 24日 *
f0013029_22195438.jpg
幻の米「亀の尾」を今は絶えて久しい水車精米のように低精白し、木桶でじっくり生酛で仕込む。温故知新、日本酒の原点に回帰した酒は、柔らかな酸が生むキレの良さで新たな感動を与えてくれます。
との説明書き。
儂の酒と同じく山名酒造。
まず日本酒としては見たことのないほどの色の濃さがインパクトあり。
儂の酒がどぶろく寄りの米の風味が濃いタイプだったのに対し、これは見た目だけでなく味も日本酒離れしてる。
木桶の風味が染み込んでいるのか、なんだかウイスキー寄りで新鮮な感じ。
[PR]
2018年 11月 18日 *
f0013029_18390774.jpg
ヴァン・ドゥ・ツーリズム 有機シャルドネ
オーストラリアのワイン銘産地バロッサヴァレーのポルティアバレー社が株式会社アルプスの監修のもと、高品質の有機ぶどうを使用して丁寧に醸造したオーガニックワインです。
との説明書き。
かなり辛口寄りで、酸味も強め。
f0013029_18394662.jpg
チーズはイタリアのクラバンジーナ。
とてもマイルドでまったくクセのない羊チーズ。
[PR]
2018年 11月 10日 *
f0013029_18301833.jpg
コヴェーラのアリントに続いてアヴェッソ。
酸味が強い。けど、カマンベール系のチーズを合わせたら気にならなくなった。
ちょっとシャンパーニュっぽい雰囲気で洗練された土っぽさ(なんだそりゃ)というか、ミネラルを感じる大人の味わい。
パーカーポイント90点のシールが付いてたけど、断然アリントの方が好き。
[PR]
2018年 11月 05日 *
f0013029_18502109.jpg
ポルトガル ミーニョ地方のヴィーニョ・ヴェルデ、コヴェーラ アリント。
そんなに冷やさなくて正解。すっきりしていて飲みやすい。でも青リンゴのようなフレッシュな風味もあってなかなか。
[PR]
2018年 11月 03日 *
f0013029_18415096.jpg
結婚式の引出物としていただいたカタログから大沼ビールを選択。
ケルシュ3本、アルト3本、インディア・ペールエール2本のセット。
全体にすっきりめ。ちょっと酸味が強いかな。でも風味があって悪くない。
スタウトもあるようなので機会があれば飲んでみたい。
[PR]
2018年 10月 29日 *
f0013029_18244473.jpg
ちょっと祝杯を挙げたいけれど次の日仕事なので、フレシネ コルドン ネグロのハーフボトル。
辛口だけどドライなだけじゃなくて、ミネラルが土っぽさとして感じられる。
f0013029_18245169.jpg
チーズはシャウルスとダフィノワ ブルー。
シャウルスは新しいうちに食べるもの、というのを忘れていて熟成しすぎたのを買ってしまった。
まあこれはこれでおいしいんだけど、しょっぱいんだよね。
ダフィノワ ブルーはブルーチーズにしては塩気がきつくないんだけど、シャウルスもあったので全体にしょっぱすぎた。
ハーフボトルだからチーズは少しでいいと思ってたのに、夫がダフィノワも食べたいっていうから買ったんだけど、やっぱり多すぎた。
[PR]
2018年 10月 25日 *
f0013029_21592418.jpg
丹波杜氏・青木卓夫氏が酒米の栽培から手掛けたというお酒。
お米の風味の個性が感じられるけどクセが強すぎることはなくてなかなか面白い味。
[PR]
2018年 10月 11日 *
f0013029_17595125.jpg
クネルでグラスワインを頼んだら「いつもの」を切らしていたらしく「じゃあREDWOOD」とマスター。
それがなかなか飲みやすかったので調べてみたら、カルディで売ってるお手頃ワインだった。
700円弱と驚きのコスパ。冷やしすぎ注意。
f0013029_17595534.jpg
チーズはセル・シュール・シェールと16か月熟成コンテ。
パリの市場のあるフロマジュリの人が一番人気はコンテだと言っていて、なんかちょっと意外な気がしつつ久しぶりに。
ちょっと量が多かったせいかどちらも塩気が強めに感じたけど、両方ともおいしかった。特にセル・シュール・シェールは白ワインと抜群のマリアージュ。
[PR]
2018年 07月 18日 *
f0013029_05582900.jpg
パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー
シャトー・マルゴーのセカンドワイン。トップクラスのマルゴーなんてとても手が出ないけど、セカンドでもかなり思いきった買物だった。
有名だから、高価だからといって自分の好みに合うとは限らないのはわかってるけど、後学のために。
香りはそれほど強くないけど、いい匂い。ベリー系の濃厚な香りに微かにトロピカルフルーツのような華やかさも加わって、後からサンザシのような練れた甘酸っぱさが来る感じ。
2014年にしては熟成が進んだようなオレンジがかった色。
ボルドーらしい味だけど、軽やかさもある。渋くはない。
ボルドーを飲んだ満足感はあるけど、好きなタイプではなかった。なるほどね、って感じ。
まあ一回飲んでみたかったしな。

チーズは珍しくワインに合わせて、マルゴーのためにサン=ネクテールを取り寄せたのに撮影し忘れた。
弾力があってしっかりしてるのにコクがあって個性的な味。
[PR]