人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2008年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
*
*
2008年 05月 21日 *
f0013029_6452281.jpg
店頭に並ぶほかの醗酵バターに比べてずいぶん安いのでどうかと思いましたが、しっかりと濃い味と風味があってなかなか美味しい。
この値段でこのレベルならかなりコストパフォーマンスがいいのではないでしょうか。
バターをそんなに消費しない我が家には、量が少なめなのも嬉しいところ。
2008年 05月 20日 *
白鹿のレストランでランチ。
夜の居酒屋メニューの写真なんてすごく美味しそうに見えるのですが…。
お昼を食べた限りではかなり残念な感じでした。夜も期待できないな。
ちょっと順番待ちする程度には人気があるようだったのですけどね。
安いからかな。
食べたものは料理もパンもどれも今ひとつな味でした。
つらかったのはパスタ。
あまりにもしょっぱくて、食後しばらく口の中が痛いくらいでした。
わたしはかなりのしょっぱがりですが、あそこまで塩入れすぎなのは一般的にもどうかと思います。
2008年 05月 19日 *
f0013029_6282640.jpg
カシス&オレンジと白桃。
どちらも季節限定です。
これはどちらもすごく美味しい。
カシス&オレンジはほどよい酸味でさっぱりします。
シャーベットに近い感じ。
オレンジの果肉が混ざっているのもいい。
白桃はもう少しクリーミーで甘めですが、甘すぎず食べやすい味。
ぷちぷちと果肉の食感も楽しめます。
2008年 05月 18日 *
先週に続いて第2回は交響曲第4番、第5番、第6番。
これはまさに傑作の森。それはもう素晴らしかったです。
5番は出だしのジャジャジャジャーンでいきなりわずかにぶれたので、内心ガクッとしましたが、あれって合わせるの難しいんですかね。
第1楽章で何度か挿入されているジャジャジャジャーンのうち、ビシッと合ったのは中ほどの1回だけでした。
でも雰囲気として感じたのは、井上さんが目指しているのは一糸乱れぬ演奏ではないのかも、ということ。
もっと全体をイメージとしてとらえて表現しているのかなあ、と思いました。
微かなブレがあったとしても打ち消されるくらい見事な演奏でした。
軽やかな4番もストーリー性のある6番も申し分なかった。
一つ気になったのは、ティンパニってそんなに緩むものなのでしょうか。
楽章の合間に奏者がやけに時間をかけて締め直していて、演奏中にも出番のないときには耳を近づけて微調整していて、なんだか心配になりました。
嵐の場面ではちゃんと活躍してましたけどね。
2008年 05月 17日 *
f0013029_8354829.jpg
台所用の布巾を作るためにワッフル生地を購入。
右の一番小さくたたんでいるものが綿麻混。
あとの2つは生成りと薄茶の色違いで綿の生地です。
麻の布巾がいいらしいので作ってみようと思い立ち、ついでに綿・綿麻と使い比べようと思ってこれらの生地を注文したのですが、肝心の麻の生地はお目当てのフラックスが売切れでしばらく手に入らないようです。
それはいいとして早く縫いたいのですが、体調を崩して思うように家事がはかどらず…。
多めに買ったのでよだれかけなども作りたいのですが、そんな余裕があるのか弱気になってます。
2008年 05月 16日 *
f0013029_643892.jpgこれを発芽と呼ぶのかよくわからないのですが。
去年の夏に母からもらったミョウガが芽を出しました!
嬉しい~。
母に言われたとおり、冬の間は水遣りを控えて、暖かくなってからほどほどに水を遣るようにしていました。
長さ約2cm。
透き通るような若草色の瑞々しい先端がきれいです。

f0013029_6444321.jpg董が立ったルッコラは1本だけ残して放っておいたら、育ちすぎてめちゃくちゃなことになってます。
倒れようが折れ曲がろうがそのままにしていたら、なんだか豆の莢のような部分がふくらんできました。
これが種ですよね?
莢の全長は今、大きいもので3cmくらい。
収穫方法を調べてみると、茶色くなって枯れるまで待てばいいみたいです。
どれくらい採れるかな。
2008年 05月 15日 *
f0013029_722628.jpg見切品のいちごをたくさん買ってきてジャムを作りました。
久し振りなのですっかり要領を忘れていましたよ。
というわけで覚え書き。

基本の作り方は…。いちごの重量の30~50%の砂糖(あればグラニュ糖)をふりかけて水が出るまでおく。火にかけて煮立ったらレモン果汁1/2~1個分を加える。アクを取りながら好みの硬さまで煮詰める。

以上はいちごの形をそのまま残すプリザーブドの方法ですが、そういえばわたしはシロップと果肉が一体化している方が好みなのだった。途中で気づいてヘラでつぶしてみましたが、いちごってなかなか崩れないんですね。次回は刻んでから煮ようと思います。
砂糖の量は50%にすれば冷蔵庫で保存できるらしいですが、そこまで甘くしたくないので30%で作って小分けして冷凍します。
アクは取った方が「白っぽくならず色がきれいに仕上がる」「ジャムが傷みにくい」などの説があるようですが、取らなくてもいいという説もあるようです。今回はなんとなく取り除いてみましたが、取らないとどうなるかも試してみたい。
30分以上煮ましたが、さらりとした仕上がりになりました。もっととろりとさせてもよかったな。次は強火でどんどん煮詰めるつもりです。
f0013029_7222427.jpgそうするともっと砂糖控えめでもいいかな。
いちごの種類や質にもよりますね。

完成したジャムはシロップとしてジュースにしても美味。
自然ないちごの味が楽しめます。
ペリエで割ればいちごビールのようなピンクの泡。
水で割るだけでも美味しいいちご水。
わたしは牛乳を飲むと胃が痛くなるので味見程度しかできませんでしたが、牛乳を飲めるならいちごミルクもおすすめです。
2008年 05月 14日 *
連休に妹宅に行ったので妊婦服を借りてきました。
ついでに貸してくれたのが赤ちゃんのコスプレグッズ。
こんなのとか。
f0013029_9582938.jpg
こんなのとかね。
f0013029_959783.jpg
あと、わたしが御祝にあげたものも貸してくれました。
スウェーデンで買ってきたティオグルッペンのよだれかけ。
f0013029_9594635.jpg
わたしが編んだ帽子ときりんのベスト。
f0013029_100810.jpg
ボタンもきりんの形です。
2色売っていたのでつい両方使ってしまいましたが、黄色だけにすればよかったかも。
今度は我が子のためにいろいろ作りたいと考えていますが、普段ですらなかなか思うように手作りする時間が取れないというのに、普通の体調ではない今そんなことが可能なのかちょっと疑問。
でもなんとかしたいなあ。
以前、人への贈り物として作ったものは一部だけ画像が残っていました。
今回妹から返ってきた帽子と、靴下。
f0013029_100283.jpg
いとこへのケープと靴下。
f0013029_1004181.jpg
友人への帽子とミトン、ブーティ。
f0013029_1005420.jpg
妹と友人に色違いで編んだおくるみ。
f0013029_101534.jpg
こうして見ていると、また作りたい気持ちが盛り上がってきます。
2008年 05月 13日 *
f0013029_11324577.jpg実家から依頼のあったバウムクーヘンは、マリアンジェラともう一つシュターンでした。
シュターンはマリアンジェラと違ってバウムクーヘン専門というわけではないので油断して昼過ぎに訪れたところ、既に残り少なくなっていてぎりぎりで買えたような状態でした。あぶなかった。
シュターンのバウムクーヘンはマリアンジェラほどふわふわしておらず、もう少し充実感がありました。こちらの方が好みかも。
ついでに生チョコのケーキとシンプルなロールケーキも購入。
そんなに甘くはないけれど「ケーキを食べた」という満足感を得るのに充分な味わいがあってとても美味しかったです。
次は全粒粉を使ったケーキを食べてみたいな。
2008年 05月 12日 *
f0013029_6355199.jpg実家からの指令によりマリアンジェラのバウムクーヘンを入手。
バウムクーヘン専門店のここは11時半の開店後、数時間で売り切れてしまうというので午前中に行きました。
厚さを数種類から選べる、プレーン以外にも種類がある、などの情報があったので味はプレーンにしても大きさを迷いながら訪れたのですが、週末は5cmのみとのことでした。平日は8cmもあるそうです。
味はプレーンだけしか置いてないようでした。
早い時間に訪れた甲斐あって、おまけとしてバウムクーヘンの耳をもらえたのが嬉しかった。
自宅用は茶色い紙包みですが、贈答用はそれがさらに箱入りになってました。
(でも結局持って行くとき荷物になるので箱から出してしまった…。資源の無駄遣いしてしまいました)。
かなりふんわりと軽い風味のバウムクーヘンでした。好みとしてはまあまあかな。