人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2011年 11月 ( 47 )   > この月の画像一覧
*
*
2011年 11月 10日 *
『冬休みの情景』2010年 中国 リー・ホンチー(李紅旗)

内モンゴルの少年たちの冬休みの様子とその家族の姿を淡々と描く。
こういうのけっこう好き。
風車を回すところが可笑しい。
2011年 11月 09日 *
f0013029_20123837.jpg
うちでは強力なのど飴といえばプロポリスキャンディーですが、安価なので気軽に消費できるのは龍角散ののど飴
久し振りにまとめ買いしようとしたら、いきつけのドラッグストアでは龍角散ののどすっきり飴に変わっていた。
調べたところによると、今まで味覚糖にブランドライセンスを提供していたけれど、この9月から自社で出すことになった模様。
気になってついでのときにマツモトキヨシをのぞいてみたら、龍角散ののどすっきり飴と味覚糖のど飴の両方売ってた。
味覚糖のど飴って初めて見たけど、袋が龍角散ののど飴にそっくり。
このまま龍角散ののど飴は消えていくのかと思ったけど、味覚糖のサイトを見ると両方出てる。
ということは龍角散ののど飴もどこかで売ってるのか?
それとも今は商品入れ替え時期なだけ?
龍角散ののどすっきり飴はカリンの味が強いのが気になるんだよねー。

**

半月ほど後ついでがあったので、味覚糖のを買ってみよう!と同じマツモトキヨシに行ってみたら、龍角散のだけになってました。
完全入れ替え?
2011年 11月 09日 *
ゴールデンスランバー』2010年 日本 中村義洋

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』の映画化。
たたみかけるように話が展開するので、市井の人がなぜか巨大な陰謀に陥れられる不気味さは出てなかったなあ。
堺雅人も吉岡秀隆も苦手なわりには楽しめました。
2011年 11月 08日 *
ソウル好きの友人にクワイエットストームに連れて行ってもらいました。
この日はディープなソウルではなくジャズっぽい選曲で、友人曰く「珍しく客が多いから、一般受けする曲になってる」とのこと。
バーなのでお腹を満たせるような食べ物はないけど、飲みながらくつろぐにはいい雰囲気。
ほかに3組入っていて全卓喫煙者がいたので、だんだんつらくなってきた。
友人も、いつもはガラガラなので気づかなかったけど混むとタバコがつらいね、と言ってました。
2011年 11月 08日 *
私は二歳』1962年 日本 市川崑

2歳になる息子のいる家庭の話。
団地で暮らす夫婦に船越英二と山本富士子、姑に浦辺粂子、ご近所さんに岸田今日子。
ところどころで幼児が心境を語るナレーションが入ります。声は中村メイコ。
登場人物がけっこう自己中心的だったり皮肉っぽいことを言ったりするのがリアルで面白かった。
2011年 11月 07日 *
『アイス・カチャンは恋の味』2010年 マレーシア アニュウ(阿牛)

無口な少年と、幼馴染みで男勝りの少女、その仲間たちの恋模様を描いた青春映画。
マレーシアってイスラムだから恋愛描写とか奔放な女性の表現とかどうなのかと思ったら、マレーシア華人の話でした。
登場人物が設定年齢不詳だったけど、30代の人たちが10代の役を演じているようです。
2011年 11月 06日 *
『恋に落ちて』1984年 アメリカ ウール・グロスバード

書店でそれぞれの配偶者へのクリスマスプレゼントを取り違えた男女。電車の中で再開し、次第に惹かれあっていく。
メリル・ストリープとロバート・デ・ニーロの演技が見られる、というだけで、話はどってことないです。ラスト安直だし。
2011年 11月 05日 *
f0013029_1240594.jpg
今年もモンドールが出回る頃だわっ、とさっそく成城石井で買ってきたら…。

猛烈にくさい。

さすがに腐敗はしてないと思うけど、熟成進みすぎ。
ちょっと魚醤風味というか、食べたことないけどくさやとかこんな感じ?
あ、ドリアンに似てるかも。

耐えられないほどではないのでなんとか食べきったけど、これはちょっと失敗だったなあ。

シーズン中にもう1回は別なの買う。
2011年 11月 05日 *
『オーバー・ザ・ムーン』1999年 アメリカ トニー・ゴールドウィン

1969年。思春期の娘と幼い息子のいる若く美しい妻。仕事で忙しい夫と離れて避暑地で過ごしている間に、行商人の男と深い仲になってしまう。
月面着陸やウッドストックが盛り込まれているくらいで、あとはよくある話。とはいえ、描写が丁寧でけっこうよかった。
ヴィゴ・モーテンセンとアンナ・パキンが出てるので見方が甘くなるというのもあるけど。
2011年 11月 04日 *
越木岩らぁめんの後にできた焼き鳥屋さん。
店内けっこう狭かったはず、と思って入ったらやっぱりそうだった。
カウンター8席とお座敷2卓くらい。だったかな。
で、おいしかった。
鶏肉も野菜も素材は良さそう。
味付けも塩がきつくなくて、しょっぱがりのわたし好み。
値段も手頃。また行きたい。
一つ難点は、店員さんは数人いるんだけど主要な調理をしているのが大将だけなので、注文した料理が出てくるのに時間がかかること。
ほかにいたすべてのグループから催促されてました。
次に行ったら、追加しなくていいくらい最初にたくさん注文しといて、飲みながらゆっくり待つのがいいかも。
あと、今回も早めに行ったけど、早めの時間帯の方が混まなくていいのかも。

**

閉店しました