人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2013年 04月 ( 48 )   > この月の画像一覧
*
*
2013年 04月 25日 *
『クララ・シューマン 愛の協奏曲』2009年 ドイツ/フランス/ハンガリー ヘルマ・サンダース=ブラームス

夫が発病してから看取るまでを中心に、クララ・シューマンの半生を描く。
ブラームスとの関係とか、かなりフィクションになってるようですが、壮絶さは伝わってきました。
監督はブラームスの子孫なんですね。
2013年 04月 24日 *
『丹下左膳』1958年 日本 松田定次

大友柳太朗の丹下左膳もの。
丹下左膳余話 百萬両の壺』と元は同じですね。
美空ひばりが歌ったりして、なんかあんまり丹下左膳が主役っぽくないような。
2013年 04月 23日 *
f0013029_19275798.jpg
味が濃すぎてダメ…という声を聞いてたのでどうかと思ったけど、けっこうクセになる味。
再販売されたらあっという間に売り切れて、一時製造が追いつかなかったとか。

色が似てるけど上ははちみつレモンスカッシュ。
2013年 04月 23日 *
『タイマグラばあちゃん』2004年 日本 澄川嘉彦

岩手県の山の麓の開拓地に入植し、戦後から暮らし続けてきた老夫婦の姿を追ったドキュメンタリー。
題材や被写体は素晴らしい。
ナレーションで説明してしまうセンスだけが惜しい。
2013年 04月 22日 *
『舞台よりすてきな生活』2004年 アメリカ/ドイツ マイケル・カレスニコ

近年スランプ状態の劇作家の男。妻は子供を欲しがっているが、当人は子供嫌い。そんな中、隣家に少女が引っ越してくる。さらに、男の名を騙るストーカーも出没するようになり…。
主人公にケネス・ブラナー。製作総指揮ロバート・レッドフォード。
2013年 04月 21日 *
f0013029_1924306.jpg
一度南座に入ってみたかった、ということもあって歌舞伎鑑賞教室へ。
鑑賞教室という割りには解説はたいしたことなかったな。
でもまあ3000円だしね。
それよりみんな後半の舞踊を目当てに来てるんだろうな。

1 解説 南座と歌舞伎
司会:桂九雀
2-上 藤娘
藤の精:上村吉弥
2-下 供奴
奴吉平:上村吉太朗

休憩時間に隣の祇園饅頭で柏餅を買いました。
去年同じ時期に柏餅と貼り出されてるのを見かけて、次回は必ず買う!と決めていたのでした。
もちろん味噌餡。夫は六方焼という衣に卵を使ったきんつばみたいなものを選んでました。
で、この味噌餡に驚いた。
京都だからさぞお上品な白味噌なんだろうと思ってたら全然ちがって、とろっと赤茶色で独特の風味。
また違ったのが登場して、これまたおいしい。

歌舞伎の後は味噌餡の柏餅を求めて錦市場へ。
去年歩いたときに「みそあん」の張り紙が目についたので、次に来たら片っ端から買うぞ!と意気込んでいたのですが、なんか…和菓子屋さんが見当たらない。
去年何軒か見かけたと思ったのは記憶違いだったのか。
東側から西側まで歩いてようやく畑野軒老舗に遭遇。
奥に声を掛けたら少年が出てきて応対してくれました。お家のお手伝いでしょうか。
ここの柏餅は素朴な感じでした。
後でお店のサイトを見てわかったのですが、京都の味噌餡は白味噌を煮詰めるんですね。
食べてるときは、八丁味噌?赤味噌??と疑問でしたが。
なんか、子供の頃によく食べたピーナッツ味噌を思い出しました。

お昼はファラフェルガーデンで。
今回は新店の方に行きました。
タイームのファラフェルと比べたかったのだけど、ファラフェルガーデンも充分スパイシーで味は大きく違わなかった。
ファラフェルガーデンの方が安いけど1個が小さめ。
でもファラフェルだけ単品で注文できるのはいい。
やっぱりファラフェルよりターメイヤを食べたいなあ。

ファラフェルの後は出町ふたばへ豆餅を買いに行く。
が、思いつきだったので場所がうろ覚え。
今出川から出町柳へ歩けばあったはず、といい加減な記憶に頼って行ったら、明らかに通り過ぎてしまい。
諦めるか…と手持ちの地図を眺めて途方に暮れていたところ、親切なおばあさんが「どこかお探しですか」と声を掛けてくれました!
「ふたばという豆大福のお店なんですが」と言うと説明してくれたのですが、その説明がなんだかよくわからない。しかもおばあさん耳が遠くてうまくやり取りが成り立たず。
なんとか「川の向こうまで戻ったら銀行があり、そこまで行けば行列が見える」というのを聞き出すことができました。
f0013029_19245520.jpg
15分ほど並んで豆餅と柏餅を購入。御苑で一休みして食べました。
味噌餡は例の白餡を煮詰めたタイプ。ここのが一番おいしかった。
今回はカメラを持って行かなかったので、ケータイ撮影です。

京都国際マンガミュージアムも1年前に見かけて気になってたところ。
たくさんの漫画の蔵書があり、みんなあちこちに座り込んで読みふけっています。
有料の漫画図書館みたいなものですね。
木の床がやけにギシギシいうと思ったら、明治の初めに開校した小学校をリノベーションしたのだそうで、あちこちに往時の名残りが。
漫画は好きだけど読み始めても仕方ないので、展示だけ見てきたけど、建物に一番感銘を受けた。
館内に巨大な火の鳥像があって、でも「ふーん」という感じであまり観察しなかったのですが、仏師が仏像彫刻の技術を駆使して制作した作品なのだそうです。意外なところで凝っていた。
f0013029_19255535.jpg
夕食は東華菜館
ここはずっと前から河原町あたりを歩くたびに気になっていたところで、料理より建築が目当て。
日本最古のエレベータにも乗れたし、満足。
料理は炸春捲、水餃子、煎餃子に、醤爆鶏丁(鶏とカシューナッツの味噌炒め)を追加。
煎餃子とは茹でた水餃子を焼いたものらしいのですが、たっぷりの油で焼くらしく、ほとんど揚げ餃子のようなものでした。揚げ衣に包まれた水餃子って感じ。
ビールがプレミアムモルツなのは嬉しかったな。
f0013029_1926614.jpg
船はしやでお土産を購入。
目当ては福だるま。
かわいいので余分に買っておつかいものに。
あとは五色豆、イカリ豆、るんるんパスタ。

**

五色豆、糖衣が多くてわたしには甘すぎました。豆が負けてる。
単に色づけされてるだけでなく、ちゃんと味が違うのは面白い。
茶色は黒糖かと思ったらシナモン。緑は予想通り抹茶。黄色は強烈なレモン。赤が何かよくわからないけどこれも果物っぽい。梅か?
それにしても着色が強烈で、口の中が赤くなります。

るんるんパスタも失敗だった。
しょっぱすぎる。ちょっと油っぽいし。

福だるまは好評でした。
スカスカの玉子ボーロみたいな感じ。
カサカサ感は蕎麦ボウロっぽい。

そして一番おいしかったのは夫が選んだイカリ豆だったー。
前はよく食べたよね。懐かしい。と買ったんだけど、ここのは塩気が少なくて、豆がしっかりしててなかなかいい。
2013年 04月 21日 *
『ウディ・アレンの夢と犯罪』2007年 イギリス ウディ・アレン

父親のレストランを手伝いながら投資事業を手掛け始めた兄と、自動車修理工場で働く弟。それぞれ大金が必要な事態となり、金策のために殺人依頼を引き受けるが…。
ユアン・マクレガー、コリン・ファレル、トム・ウィルキンソン。
ウディ・アレンだけどイギリス映画だ、と思ったら、そういう三部作だったんですね。
2013年 04月 20日 *
f0013029_1630456.jpg
シャトー・ヴュー・プレ サン・テミリオン。
けっこう濃厚そうな香りがするのに、味は意外にさっぱりというかあっさり。とわたしは感じたのですが、夫は渋いと言ってました。
どちらかの口がおかしかったのか。
f0013029_16303445.jpg
チーズは日向牧場のフロマージュ・ブラン。
微かに酸味があっておいしい。
ここのモツァレラ、本場のモツァレラとは味も食感も違ったけど、別物としておいしかった。

フロマージュ・ブランは青汁入りピタにつけて。
うっかり酵母を入れ忘れたパン生地をどうしたものかと思い、薄くして焼けば食べられよう、とテキトーに加工した末の偶然の産物。
後から本で確認したら、ピタって粉と水と塩だけのシンプルなものなんですね。
2013年 04月 20日 *
マイ・ブルーベリー・ナイツ』(クリックすると音声が流れます)2007年 香港/アメリカ/フランス/中国 ウォン・カーウァイ

小さなダイナーを営む男と、失恋したばかりの女。ふたりは心を通わせるが女は姿を消し、ウェイトレスとして働き転々とする先から男に葉書を送り続け…。
ノラ・ジョーンズ、ジュード・ロウ、レイチェル・ワイズ、ナタリー・ポートマン。
2013年 04月 19日 *
f0013029_21124099.jpg
ジーンズってたまにしか穿かないのであんまり情熱はないんだけど、手持ちのものが買ったときからゆるゆる…。
ちゃんとサイズの合ったものを買おうと思いつつ数年たってしまったので、いい加減なんとかしたいとどんなジーンズがいいか調べてみたところ。
体型に合ったものを選んでくれるクリスピンを発見。
web予約して行ってみました。
すごく良かったー。
まず正しい穿き方から教えてくれてほんとにちゃんと体型に合うものをいろいろ試着させてもらえました。
ブラジャーの着け方、みたいなのがジーンズにもあるんですね。
で、イメージにぴったりのを買えたー!
わたしはめったにジーンズを買わないので次はどんなに先になるかわからないけど、また買うことになったらここに行くと思う。
メンズもやってほしいな~。