人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2017年 12月 ( 35 )   > この月の画像一覧
*
*
2017年 12月 22日 *
『愛しのロクサーヌ』1987年 アメリカ フレッド・スケピシ

現代版『シラノ・ド・ベルジュラック』。小さな町の消防団長が天体観測のためにやってきた女性に恋をするが、口下手な部下のために彼女を口説き落とす手伝いをすることになる。
スティーヴ・マーティン、ダリル・ハンナ。
2回目か3回目の鑑賞。
2017年 12月 21日 *
f0013029_19105814.jpg
サントーバンのドメーヌ・ルーのシャルドネ。
ぬるめで飲んだけどほどよく果実味があって飲みやすかった。
2017年 12月 21日 *
『漫才ギャング』2011年 日本 品川ヒロシ

結成10年目にして一方的にコンビ解消を告げられた若手漫才師が、留置場で知り合った若い男を新しい相方にする。
佐藤隆太、上地雄輔、石原さとみ。
2017年 12月 20日 *
f0013029_20165262.jpg
濃厚チーズバー、スイートポテト、カマンベールチーズケーキ。
見た目も味も洗練されてはいないけど、素朴なおいしさ。
カマンベールチーズケーキなんてみっしりした塊が量り売りでおしゃれさのかけらもないけど、しっかりカマンベールの味がするのが嬉しい。
2017年 12月 20日 *
『誘う女』1995年 アメリカ ガス・ヴァン・サント

ケーブルテレビ局でお天気キャスターを務める妻が夫を殺害。事件の真相をドキュメンタリー風に描く。
ニコール・キッドマン、マット・ディロン。
2017年 12月 19日 *
f0013029_19065374.jpg
初ティラミスが今一つだったので再挑戦。
ビスケットはバンビーニを使用。
コーヒー液はインスタントを使って濃いめにしたけど、まだまだ薄かった。
f0013029_19071803.jpg
続いて抹茶ティラミス。
こちらはかなりおいしくできました。
コーヒーより抹茶の方が合わせやすいのかも。
あと、素精糖よりマスコバド糖の方が甘さが抑えられておいしかったので、素精糖や上白糖を使うなら量を控えた方がよさそう。

見た目は代り映えしないので撮影しなかったけど、この後またティラミスを作ってます。
ここまでは雪印のマスカルポーネを使っていたのですが、最後にイタリアのを使ってみたらテクスチャーも風味も全然違う!
今後は必ずイタリアのものを使おう。
そして、砂糖は控えめ。
コーヒー液は濃く。
最後に作ったものは雪印のマスカルポーネに付いていたコーヒーシロップ的なもので代用したら結構よかった。それだけだとビスケットをふやかす水分が足りないのでコーヒー液を足す必要はありますが。
コーヒー液だけで作る場合はインスタントでかなり濃いコーヒーエキスにすること。
2017年 12月 19日 *
『バトルランナー』1987年 アメリカ ポール・マイケル・グレイザー

2017年の米国。政府によって情報操作がなされ、大衆は残虐な殺人ゲームのTV番組を娯楽として与えられている。主人公は無実の罪で服役していた警察官だが、挑戦者が武装した狩人から逃げ切れるかを競うそのゲームに強制的に参加させられる。
アーノルド・シュワルツェネッガー。
2017年に音声操作が実用化されてる、というところは合ってる。
2017年 12月 18日 *
『マスク・オブ・ゾロ』1998年 アメリカ マーティン・キャンベル

快傑ゾロと、その後を継ぐ二代目ゾロの物語。『レジェンド・オブ・ゾロ』 の前作。
2回目くらいの鑑賞。単純に楽しめる娯楽作。アントニオ・バンデラスとキャサリン・ゼタ=ジョーンズが素敵。
アンソニー・ホプキンス。
2
2017年 12月 17日 *
『クリエイター』1985年 アメリカ アイヴァン・パッサー

遺された遺伝子を元に亡き妻を再生しようと考える生物学者は、受精卵を手に入れるために若い女性の協力を取り付ける。一方、彼の助手である大学院生は片思いの女性と親しくなるチャンスを得…。
ピーター・オトゥール。
2017年 12月 16日 *
f0013029_21433158.jpg
平等院に行こう!と思ったときに修復工事が始まってしまい、それ以来なかなか赴く機会がなかったのだけどやっと行けた。
f0013029_21433827.jpg
勝手に壮大な寺院を想像していたのだけれど、意外とシンプルな施設だった。
f0013029_21434385.jpg
中村藤吉カフェ
下調べをしたらとんでもなく混むようだったので開店と同時に入ることも考えたけど、どうもスケジュール的に合わなかったので先に平等院を見学してその後、食事に。
お昼頃に訪れたけど、さほど混雑していなくてすんなり入れた。
茶蕎麦はあまりお茶の風味が濃くなかった。
f0013029_21434897.jpg
茶蕎麦の後は生茶ゼリイの抹茶とほうじ茶。