人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2018年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
*
*
2018年 03月 31日 *
『二十四時間の情事』1959年 日本/フランス アラン・レネ

広島を訪れたフランス人女優と日本人の男性が行きずりの逢瀬を持つ。
岡田英次が耳でフランス語のセリフを会得したということも含めて、最近改めて気になっていた作品。
この邦題はひどいんじゃないかと見る前からずっと思ってたけど、あながち的外れというわけではないんですね。
2
2018年 03月 30日 *
f0013029_06141404.jpg
いただきもの。久々の鳩サブレー、嬉しい。
2018年 03月 29日 *
『PARKER/パーカー』2013年 アメリカ テイラー・ハックフォード

主人公は自らにルールを課す怪盗。しかし新しく組んだ強盗団に裏切られ、手に入れた金をすべて奪われたうえに瀕死の状態となる。一命をとりとめた後、強盗団の背後にマフィアがいると忠告されるが復讐を計画する。
ジェイソン・ステイサム、ジェニファー・ロペス、ニック・ノルティ。
これも小さなエピソードや細かい演出が割と良くて、アクション映画にしてはよくできてる。暴力シーンはちょっと過激だけど。
2018年 03月 28日 *
f0013029_05535470.jpg
ペルナン・ヴェルジュレス、白に続いて赤。
ピノ・ノワールらしい、かな。酸味が強くて、渋くはないけど遠くの方でタンニンを感じるというか。
香りはあまりなかった。
2018年 03月 27日 *
ジャッジ 裁かれる判事』(リンク先では音声が流れます)2014年 アメリカ デヴィッド・ドブキン

シカゴで弁護士として成功している男が母の葬儀のため、疎遠になっていたインディアナの実家に帰る。小さな町の判事を務める堅物の父とはぎくしゃくしたまま別れるが、その父がひき逃げの容疑で逮捕され…。
ロバート・ダウニー・Jr、ロバート・デュヴァル、ヴェラ・ファーミガ。
法廷ものサスペンスかと思ったら、家族の話。細かい演出が利いていてよかった。
2018年 03月 26日 *
無性にブイヤベースが食べたくなり、メニューに入っていることを確認したうえで予約して来店。ビストロ・ソルト&ペッパー
ほかの人が尋ねているのが聞こえてわかったのだけど、ここではアラカルトのみのオーダーはカウンター席だけで、テーブル席ではコースを取ることになってるのだとか。で、カウンター席は予約済みだそうで、常連らしき人たちが盛り上がってました。
我々は肉料理と魚料理を含むコースに。魚料理はもちろんブイヤベース。
料理はほぼすべてがしょっぱかった…。
肝心のブイヤベースはというと、魚介の入った野菜スープといった感じのもので、全然魚介のだしではなくてかなり残念。
2018年 03月 25日 *
『菊次郎の夏』1999年 日本 北野武

祖母とふたりで暮らす小学3年生の少年が、豊橋で暮らすという母に会うため、やくざ者の男と夏休みに旅をする。
ビートたけし、岸本加世子、吉行和子、麿赤兒。
ギャグ、っていうのかな。笑わせようとしてるシーンがことごとくつまらなくて、わたしには合わなかった。久石譲の曲も全然合ってないし。
2018年 03月 24日 *
f0013029_10495468.jpg
ブルゴーニュのペルナン・ヴェルジュレス。
DOMAINE LALEURE-POITドメーヌ ラウール。シャルドネ。
シャルドネらしい香り。味はエレガントだけど、ふわっとクセがあって、大人っぽい感じ。
2018年 03月 23日 *
『パラダイン夫人の恋』1947年 アメリカ アルフレッド・ヒッチコック

ロンドンで盲目の大佐が殺害され、財産目当てに盲人と結婚して殺害したとして夫人を被告とした裁判が始まる。
アリダ・ヴァリ、グレゴリー・ペック。
2018年 03月 22日 *

f0013029_11594066.jpg
4~6人分 約700g
牛乳 500ml
砂糖 45g
塩 2つまみ
ブラックチョコレート 75g
バター 50g
小麦粉 30g
卵1個+卵黄1個

鍋に牛乳、砂糖、塩、適当に砕いたチョコレートを入れ、火にかけて混ぜる
別の鍋にバターを入れて火にかけ、溶けかかっている状態で小麦粉を入れて
弱火にし、よくかきまぜる。粉っぽさがなくなって均一になったら、鍋を水につけて冷ます
バター+小麦粉を再び火にかけ、チョコレートを溶かした牛乳を加える。少し温まってきたら弱火にし、とろみがついてくるまでかき混ぜ続ける
鍋を火からおろし、溶き卵を少しずつ加えながらよく混ぜる
器に分け入れて冷やす。温かいままで食べてもよい

食べてるときはおいしいんだけど、牛乳が苦手なわたしにとってはちょっと難あり。
後味というほどすぐじゃないけど、しばらくたってから牛乳を飲んだときと同じ感覚がくる。
もしまた作ることがあれば、風味のいい牛乳を厳選して使おう。