Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2018年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
*
*
2018年 04月 30日 *
『サイドウェイ』2004年 アメリカ アレクサンダー・ペイン

作家デビューを目指す中学教師が結婚式目前の親友と旅に出る。主人公は純粋にワイナリー巡りを楽しもうとするが、親友の目的は結婚前の女遊びで…。
ポール・ジアマッティがこういう役柄なのは初めて見るかも。
[PR]
2018年 04月 29日 *
f0013029_09132144.jpg
ドメーヌ デュ シュヴァルブラン白。
シャトー シュヴァルブランと同名のボルドーだけど、かなりリーズナブルなテーブルワイン。
飲みやすくて悪くはなかったけどあまり印象に残ってない。
[PR]
2018年 04月 28日 *
『シシリーの黒い霧』1962年 イタリア フランチェスコ・ロージ

シチリアの義賊の死とそれに関する裁判を描く。
[PR]
2018年 04月 27日 *
f0013029_05491743.jpg
友人に好きなお菓子を聞いたら無印のブールドネージュと本高砂屋のマンデルチーゲルが挙げられたので食べてみた。
ブールドネージュは予想とちょっと違って、割と素直にクッキーって感じ。
マンデルチーゲルは見た通りの味だけどこれもなかなかおいしいな。
[PR]
2018年 04月 26日 *
『パニッシャー』2004年 アメリカ ジョナサン・ヘンズリー

闇組織に家族を殺されたFBI潜入捜査官の復讐譚。
ジョン・トラボルタ。
[PR]
2018年 04月 25日 *
f0013029_06010585.jpg
ル・プティレオンに続いてボルドーのシャトー ガロー。LALANDE DE POMEROL地区。メルロ70%、カベルネ・フラン29%、カベルネ・ソーヴィニヨン1%。
ソフトなフルボディ。
久々にしっかりした香りのワイン。ベリー系の芳醇な香り。味はもっと熟成したまろやかさが欲しいと思ったけど、渋みが夫好みだと思って聞いてみたら90点だって。
[PR]
2018年 04月 24日 *
『31年目の夫婦げんか』2012年 アメリカ デヴィッド・フランケル

結婚生活に疑問を抱く妻が、気の進まない夫とともに1週間の集中カウンセリングを受ける。
メリル・ストリープ、トミー・リー・ジョーンズ、スティーヴ・カレル。
[PR]
2018年 04月 23日 *
f0013029_22160151.jpg
夫の希望で久しぶりのコメディ。
わたしはコメディ演劇はなかなか入っていけないことも多いんだけどそれなりに笑えたし、彼はかなり楽しそうだったので、よし。
アドリブが大喜利みたいになってて可笑しかった。
そしてタクフェス公演って長いんですね。
最初にサイン会やら写真撮影タイムやらじゃんけん大会やらがあり、まあそれは開演前なので時間に含めないとしても、劇本編が2時間半近くあり、その後ダンスタイムまであってトータル約3時間。
画像は撮影OKの舞台挨拶。わたしのスマホのカメラ機能ではかなり無理があるけど。

作・演出:宅間孝行
出演:宅間孝行、篠田麻里子、片岡鶴太郎、かとうかず子
[PR]
2018年 04月 22日 *
『最高の人生の選び方』2009年 アメリカ マイケル・メレディス

主人公はマイナーリーグの選手。父は往年のスター選手だが、母とは別れて疎遠になっている。心臓の手術を受けることになった母の頼みを受けて、遠く離れて暮らす父を連れてくることになる。
ジャスティン・ティンバーレイク、ジェフ・ブリッジス、メアリー・スティーンバージェン、ハリー・ディーン・スタントン。
[PR]
2018年 04月 21日 *
f0013029_10271430.jpg
酒屋に行ったらなぜか夫が黒ビールを一通り購入。
Asahiスタウトが空き瓶なのは、帰ってきて車から降ろすときに落としたから。まあ被害はたいしたことなかったんだけど、王冠が少し外れたらしくて噴き出してきて少し大変でした。
で、飲み比べですが、AsahinonoのDRY BLACKは予想通りドライだった。でもあとのプレミアムモルツ黒とYEBISU BLACKと一番搾り黒生は大きく違わなかった。ただし一番搾りがダントツ後味がいい。
[PR]